カンジダ ブテナロック

水虫薬のブテナロックでカンジダを治療する人もいる!?

カンジダも水虫も同じ真菌なので、水虫薬のブテナロックでカンジダを治療できるんじゃないかと考える人もいると思います。
しかし、ブテナロックではカンジダは治療できません。
そして、風俗でカンジダやクラジミアに感染してくる男性っていますよね。
風俗好きな男性って、やはり一定数いますから。
特に奥さんが妊娠中などには、風俗を利用する人も多いです。
ただ、風俗で遊んだとしても、カンジダを貰ってしまった場合は、妊娠中の奥さんに感染させてしまったら、大変な迷惑になりますので、やはり性交渉は控えるべきです。
奥さんに風俗に行ったことをしられたくないので、黙って性行為に応じてしまう人もいますが、それでは妊娠中の奥さんと子供が危険になってしまいます。
妊婦がカンジダになれば、出産の時には、産道感染で赤ちゃんがカンジダになってしまうこともあります。
特に赤ちゃんのカンジダとしては、鵞口瘡が有名ですね。
そういうことにならないためには、やっぱり風俗などでカンジダなどの病気をもらってしまった時には、奥さんに感染させないように、ちゃんと対応することが重要です。
しっかり病院へ行って、治療をする方法が罪悪感もなくなるので気持ちが救われます。

 

 

 

市販のカンジダ薬ってどのくらい?

市販薬って、2千円とか3千円とか、結構高いものもありますよね。
カンジダみたいな命に関わらない病気で、放っておいても治りそうな病気の場合、出来るだけお金をかけないで治療したいため、ブテナロックのような水虫薬を代用してカンジダを治療しようと考える人も出てきます。
しかし、ブテナロックは白癬菌に効果がある薬であり、カンジダの原因菌であるカンジダアルビカンスには効果がないので注意が必要です。
特に液状の水虫薬には、エタノールが配合されていることもあり、カンジダの患部に使用すると、染みて焼けるような痛みが出る場合もあります。
そのため、水虫用の治療薬で、特に液剤に関しては、極力カンジダに使用しない方が安全です。
性器カンジダや膣カンジダの場合、刺激が悪化を招きやすいので、やはり水虫用の液剤をカンジダにかけたりするのは絶対にやめましょう。
悪化した結果、痛みがひどくて、結局は病院へ行くことになってしまう可能性もあります。
そうなってしまうと、医療費が高くつきますので、水虫用の薬をカンジダに代用するのであれば、やはりどのような成分が入っているので、事前にちゃんと確認するようにしましょう。
エタノールなどが入っている場合は避けましょう。

 

 

カンジダはブテナロックを代用して治療できるか?

水虫もカンジダも真菌なので、カンジダはブテナロックを代用して治療できるのではないかと感じた人もいますよね。
でも、結論から言ってしまえば、ブテナロックでカンジダの完治はできません。
というのも、ブテナロックは水虫の白癬菌に有効なブテナフィン塩酸塩を使用しており、ブテナフィン塩酸塩はカンジダアルビカンスには効果がないと言われているからです。
でも、カンジダの薬って、意外に難しくて、相性ってありますよね。
私はカンジダの塗り薬って、病院でもらってもあんまり効果がありませんでしたが、膣錠の場合はすぐに治りました!
痒みもおりものも、膣錠だとすぐに改善できました。
クリームや軟膏は、ちゃんと効果があるのでしょうが、ベタベタした使用感も嫌ですし、カンジダの痒みに対して即効性があるわけでもないので、なんか嫌なんですよね。
軟膏やクリームは染みにくいので、痛みがないところは良いんですけどね。
やはり即効性という意味では、女性のカンジダ膣炎だったら、膣錠に勝るものはないと思っています。
市販でも膣錠は売っていますが、基本的に病院でカンジダの診断を受けたことがある人だけしか購入できないようになっているので、ちょっとだけ市販薬でもハードルが高めですね。

 

 

水虫治療薬ではカンジダは治療出来ない可能性が高い理由

自分でカンジダ治療をする時に注意をしたいのが、水虫治療薬ではカンジダは治療出来ない可能性が高いということです!
水虫もカンジダもどっちも真菌なので、抗真菌薬を使っての治療という言う意味では、確かにブテナロックでカンジダ治療もできそうなものですよね。
しかし、ブテナロックに含まれているブテナフィン塩酸塩は、白癬菌専門の抗真菌薬。
カンジダの原因とされているカンジダアルビカンスには対応していません。
やはり抗真菌薬とはいっても、それぞれの原因菌に有効な抗真菌薬が必要なのです。
ブテナフィン塩酸塩だったら、全ての真菌に効果があるというわけではないのです。
一般人の場合、ネットで得た浅い知識だけで、治療をしようとしてしまうので、間違いも生じやすいです。
こうした間違った治療を続けても、一向に改善する気配がなく、あっという間に1カ月が経過してしまったと言うケースもあります。
やはりちゃんとした治療方法で早く治したいのであれば、ブテナロックなどで代用してカンジダを治すのではなく、ちゃんと病院で診察をしてもらってから、病院で薬を処方してもらう方が安心です。
病院で薬を処方してもらえば、それだけ間違いもありませんからね。

 

 

カンジダをブテナロックで治そうとするのは間違い!

カンジダをブテナロックで治そうとするツワモノがいるようですが・・・。
これからカンジダの治療をしようと思っている人は、間違ってもブテナロックでカンジダを治療するのはやめましょう!
ブテナロックに含まれているブテナフィン塩酸塩では、カンジダ菌は完治できません。
ブテナフィン塩酸塩は、あくまで白癬菌に有効。
カンジダアルビカンスに同じような効果があるかというと、疑問だと言われています。
抗真菌薬とはいえ、真菌の中にも色々な種類がありますので、原因菌にあった抗真菌薬を使わないと、意味がありません。
以前に購入したブテナロックが残っているから、同じ真菌だし、カンジダにも使えるだろうと考えるのは危険です。
原因菌に合わない薬を使って、余計に症状が悪化することもありますので、やはり対象の症状以外に代用するのは、危険です。
カンジダになってしまった時には、面倒でも、カンジダ専用の薬を購入することが重要です。
ブテナロックは本来、水虫用の薬ですから、カンジダに代用するのは、やはりお勧めできません。
特にカンジダは部位によって、使用する薬も大きく違ってきますので、何でもかんでもブテナロックを代用すれば治るというものではありません。

 

男性がカンジダで気を付けたいのは尿道炎

 

カンジダ性亀頭包皮炎の症状が悪化すると、尿道炎になる可能性があります。
カンジダ菌が尿道口から入ってしまう事が原因です。

 

尿道炎になってしまうと、血尿などの症状が出てくる可能性もありますので、早く亀頭包皮炎を治療することが何よりも大事になってきます。

 

そして、よく「カンジダで通院すると毎日通って大変だよ」っていう意見を聞きます。

 

でも、実はそれは女性の場合。
男性の場合は、毎日通院するケースはあまりありません。

 

男性のカンジダ通院は、最初のカンジダ検査と、完治を確認するための再検査の2回がメインになります。

 

多くの場合は、最初の検査の時に、カンジダだと判断されたら、そのまま軟膏を処方してもらって、自宅で後は治療になります。

 

そして、次回の検査の時に、ちゃんと完治が確認されるかどうかによって、その後の通院が決まります。
大体の場合は、処方された薬を塗って、1週間くらいで治ってしまいます。

 

男性の場合は、女性と比べて、やはり男性器を乾燥させやすいので女性よりも治療は簡単です。

 

それだけに、通院する場合も、毎日通うことはしないでも良いので、安心です。

 

仕事を毎日休まないといけないと心配する必要はありませんので安心です。

 

 

 

満足度の高いファンガクリームの魅力に迫る

 

真菌を撃退するにしても、白癬菌やカンジダ菌など、それぞれに作用する薬も存在します。この選択を誤ってしまうと、せっかく時間をかけて治療に励んだとしても、期待する効果が得られずに、症状がどんどん進行してしまう場合があります。

 

このような失敗を防ぐためにも、可能であれば真菌全体に作用するような薬を利用するのがお勧めです。さらに強固な効果を得るのであれば、併用できるものを取り入れるのが良いでしょう。

 

ファンガクリームはアメリカでも絶大な人気を集めており、サプリメントと併用しながら真菌を撃退することができる薬としても認識されています。使い勝手の良いファンガクリームは、朝と晩に患部周辺に塗るだけです。

 

使い忘れもなく、広い範囲であっても長く使える内容量は、多くの人の生活を守っているのです。日本でもファンガクリームを導入している人が増えており、真菌の悩みを解決するには格好の存在であることも知られるようになっています。

 

これからどんどん認知度を高めて世間に浸透する薬としても、ファンガクリームは注目株なのです。やはり、信頼できる薬効と、副作用の少なさ、不快感からの解放があるので、満足度の高い使用感を得ることができるのでしょう。


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット