カンジダ ブテナフィン

ブテナフィン塩酸塩はカンジダに効果があるか?

カンジダにブテナロックの有効成分であるブテナフィン塩酸塩は効果があるか?
答えはNOです。
ブテナフィン塩酸塩は、残念ながらカンジダには効果がありません。
そして、私はこれまでカンジダの再発が多かったので、予防として何とか良い方法がないか探していました。
そこでビオフェルミンでカンジダを治したという人の記事を見てみたのですが。
ビオフェルミンを飲んで治したのかと思ったら、なんと膣錠として代用して治したと書いてあり絶句!
ビオフェルミンを膣錠の代用にするって、初耳です!
まあ、市販のカンジダ用の膣錠は、第一類医薬品で薬剤師のチェックが入るから、購入が出来ない人もいますからね。
そういう人は、手っ取り早く、ビオフェルミンを膣錠代わりにしているってこと?
ニキビ治療で、ビオフェルミンを長年飲んでいた私にとって、ビオフェルミンを膣内に入れるという発想は有りませんでした!
これはちょっとびっくりですね~。
自分の中でも、かなり衝撃的でした!
でも、実際にはビオフェルミンで治している人もいるんですね。
まあ、個人差があるとは思いますが、全員がビオフェルミンを膣に入れて治るかっていうと、ちょっと疑問ですね。
やはり人を選ぶ方法だと思います。

 

 

カンジダは水虫と同じ真菌だけど…

カンジダは水虫と同じ抗真菌薬での治療が必要となりますが。
抗真菌薬とはいっても、水虫薬に含まれるブテナフィン塩酸塩などは歯癖菌に有効で、カンジダには効果がないと言われています。
ブテナフィン塩酸塩をカンジダに代用しても無駄と言うことです。
そして、出会い系でカンジダに感染する人、本当に多いって言いますね。
やはり出会い系は、素人の売春なので、カンジダや性病にあんまり危機感を持っている人が少ないのが原因かもしれませんね。
特にカンジダや性病になってしまうと、風俗などのプロの場合は、お休みをしないといけないですが、出会い系の場合は、管理しているお店もいないので、完全にプレイヤーの判断になってしまいます。
カンジダって、自覚症状が出るのが遅いので、知らない間にカンジダになっているのに、出会い系の売春で色々な人にカンジダをうつしているケースもあります。
出会い系の売春で、カンジダをもらってしまった人も、やっぱり内容が内容なだけに、他の人に相談できないで、終わってしまうこともあります。
性行為があるところには、カンジダの感染リスクがあるということを、ちゃんと覚えておかないとダメですね。
出会い系の方が、風俗で遊ぶよりも安いかもしれませんが、それだけリスクも高いです。

 

 

カンジダ治療を自分でする

カンジダ治療を自分でしようと、市販薬を探している人の中には、ネットで「水虫薬でカンジダが代用できる」という情報を掴んだ人もいるのではないでしょうか?
その結果、ブテナフィン塩酸塩を含むブテナロックなんかを買ってしまった人もいるかもしれませんね。
でも、ブテナフィン塩酸塩では、カンジダの原因菌・カンジダアルビカンスには効果がないと言われています。
やはりカンジダとは言っても、どの症状も同じ薬で治るわけではありませんので、それぞれの症状に合った薬を選ぶことが大事です。
特に私は、カンジダ膣炎をやってしまった時に、膣座薬の凄さを痛感しました!
あれだけカンジダ用の塗り薬を塗っていても、なかなか治らなかったのに、病院で3日間膣座薬を入れてもらったら、ほとんど痒みもおりものもなくなってしまい、あっという間に治りました!
「お~、膣座薬すごい」って思いました!
それまでは膣の中に入れるのって、ちょっと抵抗があって嫌だったんですが、あんまりにも簡単に早く治ってしまうので、最近は膣カンジダになると、早々に病院へ行って膣座薬で治してもらうようになりました。
やっぱり塗り薬と膣座薬では、全く効果が違います!
使う薬が違うだけでこんなに差があるとは思いませんでしたね。

 

亀頭包皮炎はドラッグストアで買うのは恥ずかしい

 

亀頭包皮炎は薬局とかドラッグストアでよく売っているけど、どっちも対面で購入しないといけないのが辛いです。

 

一方、ネットだったら亀頭包皮炎を薬局のように対面で購入しなくても良いので、精神的なゆとりが持てます。

 

そして、子供って、何でもベタベタ触るから、その汚い手でおちんちんを触ったりすると、細菌が入り込み亀頭包皮炎になったりします。

 

男の子は、汚い手でおちんちんを触る癖がある子は、亀頭包皮炎になりやすく、お母さんが注意をしてあげる必要があります。

 

おちんちんを触る癖がある子というのは、心に不安を感じているケースもあれば、子供ながらにおちんちんを触っていることが気持ちよく、癖になっているケースがあります。

 

そのため、おちんちんを触らせないようにすることが、亀頭包皮炎の予防では重要になってきます。

 

こういう時に、お父さんが育児に熱心な家であれば、お父さんから注意をしてもらうのも良いと思います。

 

特に思春期になればなるほど、異性である母親の意見を聞かなくなってくることもあります。

 

また、おちんちんを弄っていることを、お母さんに知られたくないっていう子供もいますので、父親が上手く子供との間に入ってくれると良いですね。

 

 

 

 

ブテナフィン塩酸塩ではカンジダは完治しない

市販のカンジダ薬を探している時に、ブテナフィン塩酸塩でもいけるんじゃないかと、ブテナロックを購入しようと思っても、効果がないのでやめましょう。
ブテナフィン塩酸塩は水虫の原因菌とされる、白癬菌に効果があるのであり、カンジダ菌にも同様に効くというわけではありません。
そして、カンジダの再発は、生活習慣に問題があるケースが多いです。
食生活が乱れているとか、ハードスケジュールでストレスが多い職場で働いているとか。
色々な問題があるために、カンジダになってしまっていることがあります。
生活習慣っていうのは、大人になってしまうと、改善するのはすごく大変!
学生の頃は、まだまだ改善する余地がありますが、社会人の場合は、家と仕事を往復するだけでも精一杯の人が多く、なかなか根本的な改善まで手を出せません。
結局、同じような毎日になってしまい、変えようと思っていても、変えられない人がほとんどです。
そういう人は、カンジダ専用のサプリメントを飲んで、予防するのも一つの手段ですよね。
自分で生活習慣を変えるのが難しいのであれば、あとはサプリメントなどの力を借りて、どうにかするしかなくなってしまいます。
サプリメントだったら、外でも簡単に摂取ができますので、それだけ続けていくのも楽ですね。

 

 

ブテナロックでカンジダ治療はできるのか?

ブテナロック(ブテナフィン塩酸塩)でカンジダ治療は出来ないため、これからカンジダ治療を始める人は、ちゃんとしたカンジダ対応の抗真菌薬を購入しましょう。
ブテナフィン塩酸塩は、水虫の白癬菌への特効薬です。
抗真菌薬には色々な種類がありますので、ブテナフィン塩酸塩で何でも真菌の病菌が直ると思ったら大間違いです!
やはり素人の場合は、こうした抗真菌薬の細かい違いがわからないため、付け焼刃の浅い知識で対応しようとするから、間違った治療方法をしてしまうのです。
病院では、原因を特定し、的確な薬が処方されるので、しっかり治るのです。
自然治癒や市販薬でカンジダの治療に時間がかかってしまうのは、それだけ間違った薬を使っていたり、勝手な自己判断で効率の悪い治療をしていることが原因になっている可能性があります。
そのため、1カ月を経過しても、カンジダが治らない場合は、病院へ行くことをおススメします。
通常、自然治癒で簡単に治ってしまうようなカンジダだったら、1カ月以内には治ってしまいます。
1カ月を超えても治らないというのは、いくらカンジダでも時間が少しかかり過ぎています。
その場合、やはり病院でカンジダ以外の病気の可能性も含めて検査してもらったほうが良いですね。

 


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット