カンジダ 膀胱炎

膀胱炎の治療中はカンジダに注意

膀胱炎の治療をしたらカンジダになったと言う人が結構多いんですってね。
というのも、膀胱炎の治療には抗生物質が処方されるため、カンジダになりやすくなってしまうのです。
抗生物質はカンジダ以外の常在菌も弱らせる働きがありますので、常在菌のバランスを乱してしまうのです。
逆に言えば、カンジダは体が健康であれば、何ともないんですよね。
なので10代とか20代の前半の頃は、カンジダになったとしても、深刻な症状になりにくいですね。
やはりカンジダが厄介と感じるのは、免疫力が低下してくる高齢になってからとか、妊娠中だと思います。
高齢者の場合は、カンジダから敗血症へ進展して、重症化するケースもありますし。
妊娠中の人は、赤ちゃんへ産道感染するリスクがあるので、カンジダになると憂鬱になってしまいます。
特に妊娠中は、出産が迫っていると、時間がないので、病院で治療するのが一番ですね。
自然治癒みたいにいつ治るのかわからないような状態だと、やっぱり赤ちゃんの出産が控えている人にとっては、非常に不安になります。
精神的にも良くないので、やはり妊婦健診の時に相談したりして、早くカンジダを治療するようにしましょう。
産道感染によって、赤ちゃんは鵞口瘡になる可能性が出てきますからね。

 

 

 

長期の抗生物質利用者がなりやすい病気とは?

カンジダになりやすい人は、長期の抗生物質利用者が多いと言われていますが、その代表的な例に膀胱炎があります。
膀胱炎の治療をしている人は、抗生物質を使用するので、常在菌のバランスが乱れて、カンジダになってしまう人が多いのです。
でも、大人のカンジダよりも、赤ちゃんがカンジダになってしまう方が、実はすごく大変だったりします。
赤ちゃんがカンジダになった場合、夜泣きやグズリの原因になってしまうことがあるのです。
まさか親も、カンジダで赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、夜泣きになっているとは思わず、原因不明の夜泣きやぐずりとして、手を焼くことになってしまいます!
そうなると、ママさんは、本当にノイローゼのようになってきます!
初めての育児で、ただでさえわからないことが多いのに!
赤ちゃんが理由もよくわからないまま、ぐずったり、深夜に泣いたりすると、精神的にやつれてきてしまいますね。
深夜は周りへの迷惑を考えてしまうし、自分も眠い!
だからこそ余計に、追い詰められてしまうお母さんが多いです。
そういうストレスのたまる生活を送っていると、今度はストレスから、お母さんがカンジダになってしまったり。
赤ちゃんが悪いわけではないのですが、やっぱり育児のストレスって相当大きいと思います。

 

 

カンジダと膀胱炎は深い関係

カンジダと膀胱炎は深い関係があると言われています。
それは抗生物質による膀胱炎の治療が原因です。
抗生物質を使った膀胱炎の治療によって、体内の常在菌のバランスが崩れ、カンジダが異常繁殖してしまうことがあるのです。
そして、性器や膣周辺で発生したカンジダ菌は、最終的に肛門へ進行する可能性があります。
カンジダというと、性器や口に出来る印象がありますが、実は肛門カンジダもあるのです。
まあ、肛門カンジダになっても、人には言えないので、みんな言わないだけかもしれませんが。
肛門カンジダは、性器カンジダと同様に痒みが激しいので、非常に悩む人が多いです。
それこそ、痒みで眠れないっていう人もいますからね。
痒みがひどくて眠れないと言う人は、やっぱり早めに肛門カンジダを病院で治療した方が良いと思います。
カンジダの痒みのせいで、寝つきが悪くなってしまうと、それだけ質の良い睡眠がとれなくなってしまい、体の疲れも取れにくくなってしまいます。
肛門カンジダかなって思った時には、一先ず肛門科、もしくは婦人科や泌尿器科などで相談してみるのも良いでしょう。
カンジダの治療を行っている科だったら、ついでにみてもらえることが多いです。

 

 

膀胱炎の治療中にカンジダ

膀胱炎の治療中にカンジダになる人が少なくないと言われているのは、抗生物質の影響が大きいからです。
抗生物質を使用する膀胱炎の治療中、常在菌の力が弱まり、その中でカンジダ菌が増殖してしまう可能性があるのです。
でも、カンジダを何度も再発している場合は、やっぱり抗生物質の長期使用が原因のカンジダとは違い、生活習慣の改善をしない限り、何度も何度もカンジダになってしまう可能性があります。
そのため、まずは自分の生活習慣を見直してみることをおススメします。
具体的には、カンジダ改善のポイントは、食事・睡眠・ストレスです。
カンジダが好む糖分が多い食事ばかりをしている人は、やはりカンジダになりやすいですし。
仕事がハードで身体に疲労が溜まっているのに、睡眠不足で疲れが取れない場合も、カンジダになりやすいです。
そして、ストレスが多いと体内でビタミンCが大量消費されてしまい、サプリメントで補っていても、ビタミンC不足になりやすく、免疫力が低下しやすくなってしまいます。
カンジダになりやすい体かどうかは、やはり自分の生活習慣を見直してみることによって、ある程度わかります。
糖分を控えた食事と、たっぷりの睡眠、そしてストレスの解消によって、カンジダになる可能性は軽減できます。

 

 

糖尿病や膀胱炎の患者はカンジダになりやすい

カンジダになりやすい人の特徴として、糖尿病患者、膀胱炎などで抗生物質の治療を続けている人などが挙げられます。
糖尿病の場合は、完治する方法ないので、カンジダとも一生付き合って行かないといけないのですが。
膀胱炎の場合は、抗生物質での治療が終わればカンジダにもなりにくくなりますので、一時的なものとなることが多いです。
カンジダの痒みは我慢出来ても、やっぱり排尿痛とかが出てくると、我慢するのにも限界がありますよね。
特に排尿痛が厳しい場合は、やっぱり病院へ行った方が良いと思います。
症状が悪化してから病院へ行くと、通院が多くなってしまって、余計に治療費がかかってしまったりしますからね。
本当にお金をかけたくない人ほど、早めに病院へ行って治療をしてしまったほうが安心です。
または市販薬を使って、しばらくは様子を見るかですよね。
何もしないで放置しているのは、一番悪化する可能性がありますので危険です。
もしも市販薬選びで悩んだ時には、薬剤師がいる薬局で相談してみるのも一つの手段だと思います。
薬剤師さんって普段はあんまりお世話にならないですが、薬で悩んだ時には、ちゃんとした医学知識から、アドバイスをくれるので役立ちます。

 

カンジダ性亀頭包皮炎について

 

カンジダ性亀頭包皮炎とはどのような病気なのでしょうか?
カンジダ性亀頭包皮炎というのはカンジダ菌が亀頭と包皮の間に入り込み、増殖することによって炎症を起こしているのです。

 

亀頭包皮炎の出来る場所というのはどこなのでしょうか?
カンジダ性亀頭包皮炎は亀頭のカリ部分などに炎症が起こるようになります。
では、ペニスの亀頭や包皮に炎症を起こしてしまった場合にはどのような症状を起こすようになるのでしょうか?

 

カンジダ性亀頭包皮炎を発症している場合には、亀頭や包皮部分が赤くなったり、ただれたり、痛みを感じるようになります。
さらにかゆみを感じるようになることもあります。

 

ただし、亀頭包皮炎というのは原因となる病原菌によって症状はそれぞれ異なります。
亀頭包皮炎を治療しない場合にはどのようなことになるのでしょうか?

 

赤く腫れ上がってしまい、痛みが強くなると、患部が下着にこすれるだけでも痛みが強くなります。

 

カンジダ性亀頭包皮炎はセックスやオーラルセックスといったことによって亀頭部分や包皮に傷が入り、その傷から雑菌などが入りこみ、炎症を起こしてしまうようになるんですよ。

 

カンジダ性亀頭包皮炎というのは普段の生活の中で誰でも発症するリスクのあるものですので、しっかりと予防をすることができるようにしましょうね。


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット