カンジダ 伝染る

カンジダは伝染る

カンジダは伝染ると言われていますが、基本的に常在菌のために、ちょっと触れたくらいでは簡単に感染しないと言われています。
カンジダが伝染るのは、やはり患部と直接接触する性行為が多いです。
女性の場合は、他人から伝染るわけではなく、自分の体調によって自然となってしまうことも多いですけどね。
また、カンジダというのは、受診科も意外に悩むところ。
陰部だけど、皮膚のただれもひどくて困っているのであれば、通常は女性だったら婦人科、男性だったら泌尿器科ですが、皮膚科に行っても対処してくれることがあります。
むしろ痒みが酷い場合は、皮膚科の方を勧められることもあります。
皮膚カンジダで悩んでいる場合は、皮膚科へ直接行ってしまったほうが良いかもしれません。
赤ちゃんなどの場合は、皮膚科よりも小児科へ一度行ってしまったほうが良いですね。
町の小さな皮膚科だったりすると、赤ちゃんが患者さんだと、正直嫌がるところもあります。
皮膚科は赤ちゃん専門ではないので、やはり赤ちゃんだと小児科の方が専門なので、小児科を勧められてしまうこともあります。
私の娘が小さい頃に、近所のおむつかぶれがひどくて、皮膚科に行ったら、受付で「小児科へ」と勧められ、結局は受診できなかったことがあります。

 

 

膣内洗浄のし過ぎによってカンジダになる

恋人がいる人はカンジダになってしまったら、相手へ伝染る危険性を、事前に話しておくべきです。
恋人や夫婦の場合、カンジダは自分一人の問題ではありません。
相手に伝染る可能性があるのですから、迷惑をかけないようにカンジダのことを知らせておくべきです。
そして、膣内洗浄のし過ぎによって、カンジダになってしまう女性は多いです。
膣内洗浄は、よく風俗に勤務している女性なんかは、好みますよね。
また、下半身のニオイが気になる人や、おりもののが気持ち悪いっていう時にも、すっきりしたくて、膣内洗浄をすることがあります。
でも、膣内洗浄のし過ぎは、膣内の常在菌のバランスを乱します。
通常は乳酸菌とカンジダ菌が仲良く共存していますが、膣内洗浄で乳酸菌などが弱ってしまうと、カンジダ菌の異常繁殖につながることもあります。
そのため、膣内洗浄をする場合は、やはり体調が悪い時とか、免疫力が低下している時には避けるべきだと思います。
そういう時に膣内洗浄をしてしまうと、カンジダになりやすくなってしまいます。
膣内洗浄は適度にする分には、衛生的で良いですが。
し過ぎてしまうと、カンジダ予防や治療にとって、悪い方向へ行ってしまう可能性があります。
それだけに、膣内洗浄の乱用は避けたいものですね。

 

 

ヨーグルトのような発酵食品はカンジダにとって諸刃の剣

カンジダは他人へ伝染ることがありますが、自覚症状が出るまでにはかなり時間がかかります。
そのため、自分が感染したと知らずに、性行為をしてしまい、更に恋人へカンジダが伝染るというケースも多いです。
そして、民間療法ではヨーグルトを膣内に挿入して、膣カンジダを治療することもあるようですが。
ヨーグルトのような発酵食品って、実はカンジダにとっては賛否両論と言われているんですよね。
ヨーグルトなどの発酵食品は、乳酸菌が多く、常在菌のバランスを保つのに非常に役立つと言われている一面があります。
しかし、一方で、ヨーグルトなどの発酵食品は、糖分と並んでカンジダの大好物。
そのため、カンジダ菌の繁殖が活発になってしまう危険性も指摘されています。
発酵食品は、カンジダ治療にとって、吉と出ることもあれば、凶と出ることもあるのです。
そのため、軽い気持ちで、ヨーグルトを膣内なんかに入れてしまうと、後で症状が悪化して、結局は病院へ行かないといけないほどひどいことになる可能性もあります。
そうしたリスクも考えると、ヨーグルトを膣内へ入れると言うのは、一か八かの賭けになってしまいます。
やはり悪化させたくないのであれば、病院が一番ですね。

 

 

カンジダ中は基本的には性交はNG

カンジダは他人へ伝染るので、カンジダ患者になってしまったら、基本的には性交はNGです。
恋人にカンジダが伝染ることによって、別れ話に発展することもありますので、うつさない配慮が必要です。
そして、デブはカンジダになりやすいと言いますが、それ以上に悲惨なのがデブのカンジダによる股ずれです。
これは経験した人じゃないと分らないと思いますが。
本当に普通の股ずれの何倍も辛いんです!
よく、夏場になると、汗で蒸れて、股ずれするっていうことがありますよね。
でも、カンジダの場合は、常におりものが多く下着が湿っぽい状態になっているので、すごく湿気が多く、股ずれしやすい状態が、カンジダが完治するまでエンドレスで続くのです!
夏の股ずれは、どんなに長引いたって、せいぜい2、3カ月です!
でも、カンジダの股ずれの場合は、年中、何回でも起こる可能性がありますので、早くカンジダを治すことでしか予防ができないのです!
特におりものの量が多くなってくると深刻!
ますます股ずれしやすくなってしまうので、ズボンしかはけなくなります。
やはりカンジダを避けるためには、膣錠をしっかり飲んで、短期でカンジダを治療することをおススメしたいと思います。

 

 

病院と自宅での膣内洗浄は違う

カンジダは性交渉によって他人に伝染ることで有名です。
そのため、カンジダになってしまった場合は、他人へ伝染る事を避けるために性交渉は禁止すべきです。
そして、カンジダ中には、痒みやおりものが酷くて膣内洗浄する人も多いですね。
しかし、膣内洗浄のし過ぎは、カンジダの症状を更に悪化させる可能性もありますので、頻度には気を付けたいものです。
病院で行う膣内洗浄と自分で行う膣内洗浄では、基本的には違います。
病院では、ちゃんと洗浄した後に消毒や膣剤の処置が待っています。
病院と同じような処置が出来るのであれば、自宅で膣内洗浄をするのも良いでしょうが。
膣内洗浄だけを何回も何回もやっていると、やはり良い常在菌まで弱らせてしまい、なかなかカンジダが治りにくくなってしまいます。
それを避けるためには、やっぱり膣内洗浄のし過ぎないことですね。
何度も何度も膣内洗浄をするのではなく、おりものシートをこまめに交換して、少しでも膣内洗浄の回数を減らしたりするのも良いと思います。
おりものシートをこまめに交換するれば、陰部の匂いの問題なども、改善できますからね。
最近は香り付きのおりものシートもあるので、お気に入りが見つかると良いですね。

 

男性カンジダと性器の違和感

 

ペニスに感じる異変というのはカンジダが関係していることがあります。
ペニスの異変というのはやはりどのような方でも気になってしまうものですよね。

 

痒み、痛み、変色、さらには臭いなど性器には様々な異変が起こるものです。
この異変が小さなものでも気になってしまうことには変わりありません。

 

その異変が大きくなれば当然気になってしまいますよね。
ペニスの悩みの多くは、カンジダ菌によるものが多いです。
このカンジダ性亀頭包皮炎によって痒みや痛み、違和感といった症状が出てしまうのです。

 

これはカンジダ菌という真菌によって発症するもので、性行為によって発症します。
しかし、これは性行為に限らず誰でも発症する可能性があるものです。

 

というのも、真菌というのは誰もが体内に持っているものだからです。
ただし、男性というのはペニスは体外へ露出しているためにカンジダ菌が増殖しにくいのです。
その点、女性というのは性器がカンジダ菌が増殖しやすい高温多湿の環境になりますので、カンジダ症を発症しやすく、そのカンジダ菌が男性に感染することがあるのです。

 

特に包茎の人の場合は亀頭部が酷く蒸れてしまいますので、カンジダ菌が増殖しやすくなりますよ。
包茎の方でカンジダ性包皮炎を何度も発症している場合にはなるべく包茎を改善するようにしましょう。

 

男性カンジダと性器の違和感


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット