カンジダ膣炎

自身でカンジダ膣炎だと判断がつきやすいカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は症状がわかりやすいため、自分でも容易に判断がつきます。しかし、婦人系の疾患は色々あり、症状が重なるものが多いので、自分で判断して軽く考えることは危険です。

 

とはいえ、自分でも、カンジダ膣炎ではないかとある程度の予想を立てておくことも必要です。

 

婦人科を受診する時は、どのような症状があるのかを、医師にしっかりと伝えることができるよう、把握しておくことが大切です。

 

カンジダ膣炎はまず、おりものの量が多くなります。量だけでなく、よく言われるカッテージチーズのようなおりものが出たり、おりものに色がつくこともあります。

 

今までにおいが無かったのに、いつもと異なるにおいが出ることもあります。

 

そして、最も感じやすい自覚症状は、猛烈なかゆみです。症状が軽いうちは、デリケートゾーンがチクチクかゆくなる程度ですが、だんだんひどくなってくると、かゆくてたまらないという強いかゆみになっていきます。

 

掻くと痛みが出たり、掻かなくても痛みのある状態になると、だいぶひどい状態になっていますので、治るまで時間がかかります。

 

カンジダ膣炎は判断がつきやすいとはいえ、根本的な治療ができるのは婦人科だけです。

 

市販の塗り薬では、一時的にかゆみが治まるかもしれませんが、カンジダ膣炎を引き起こしている真菌を殺菌することはできません。

 

必ず早めに婦人科で治療を始めましょう。

 

膣や害陰部の炎症がひどくなると痛みがでるカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は、老若男女に関係なく皮膚や口腔内、腸にも存在する常在菌の一種であり、

 

何らかの要因により膣内の菌のバランス乱れカンジダ菌が異常繁殖すると症状が発現し、

 

膣と外陰部の両方に炎症が発現する事が多い事から外陰膣カンジダ症とも呼ばれ、比較的よく見られる疾患です。

 

 

カンジダ菌は、大腸の中にも多く生息している為に、便秘や下痢の際に肛門から膣への感染するケースも多くあります。

 

又、カンジダ膣炎は、過度のストレスや疲労、生活習慣の乱れなどから来る著しい免疫力の低下も発症要因の一つとされ、常日頃の体調管理が予防に有効とされています。

 

 

カンジダ膣炎は、透明や透明に近い白色のおりものが白色や淡黄色のポロポロとしたカッテージチーズ状のおりものや白く濁った酒かす状のおりものに変化し、

 

外陰部に炎症が起きると熱を帯びた我慢出来無い激しい痒みが引き起こされ、更に炎症がひどくなると外陰部が赤く爛れ、ヒリヒリする痛みやしみる様な痛みがあらわれます。

 

 

人によっては、性行為時や排尿時に鋭い疼痛や灼熱痛に襲われたり、膣組織が爛れ裂傷に至るケースもあります。

 

 

カンジダ膣炎は、ブトコナゾールやフルシトシン、ラノコナゾーなどの抗真菌剤のクリームや軟膏などの外用薬、イトラコナゾールやミコナゾールなどの内服薬、膣座薬による治療が行われています.

 

 

 

カンジダの女性症状

 

女性のカンジダの症状としては、膣炎や外陰炎が発症します。

 

膣内には、他の細菌の侵入を阻止する自浄作用が働いていますが、何らかの原因によりこの自浄作用が破綻した場合にカンジダ症を引き起こすことになります。

 

カンジダは膣に常在している真菌です。この真菌が異常繁殖することで発症します。

 

誘因としては、膣内のpHが下がることによる細菌叢の変動や抗生剤投与による菌交代現象、糖尿病、妊娠、副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬の大量投与などが考えられます。

 

これらの誘因により常在菌のバランスが崩れたり、免疫力が低下することにより菌が繁殖しやすくなります。

 

そのため、ちょっとした身体の変調により発症や再発しやすい病気です。

 

また、外部からの感染によることもあります。感染経路としては、性行為、便や尿、手指やタオルなどが考えられます。

 

悪化や再発を防ぐためには、日常生活での注意が必要です。入浴時は、石鹸の刺激を避けるためにお湯だけで軽く洗うようにします。

 

石鹸で洗い過ぎると必要な菌まで洗ってしまい常在菌のバランスを崩してしまいます。

 

また、温度や湿度が高い状態は繁殖しやすいため、おりものシートなどの衛生用品はこまめに変え、通気性の良い下着を使うようにします。

 

 


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット


自身でカンジダ膣炎だと判断がつきやすいカンジダ膣炎記事一覧

カンジダと乳酸菌の関係カンジダ菌は人の体内には必ず存在する常在菌です。口腔内や性器、体内、そして皮膚の至る所に存在してい...

カンジダ性口内炎についてカンジダ性口内炎は口内で真菌というカビの一種が異常繁殖する事によって引き起こされます。カンジダ菌...

赤ちゃん・乳児のカンジダ赤ちゃんや乳児に多く見られるカンジダとして口腔カンジダ症が挙げられます。この口腔カンジダ症は真菌...

赤ちゃん、乳児の口腔カンジダ症とは赤ちゃんの口の中にミルクのカスのような口内炎のようなものがついている場合、口腔カンジダ...

人気のカンジダ対策用サプリメントを知っていますか?カンジダは一度発症すると何度も再発を繰り返してしまう可能性があります。...