男女でカンジダ治療は全然違う

 

女性の場合は、カンジダになると病院へ行った方が良いですが、ぺニスの男性カンジダの場合は、市販薬だけでも簡単に治療をすることが出来ます。

 

ペニスの場合は、女性器と違って、空気に触れて乾燥させやすいので、カンジダになっても悪化しにくく、市販薬でも十分という特徴があります。

 

おまけに、男性が通院したとしても、最初の検査と再検査くらいしか通わなくてよいので、女性の膣カンジダのように、毎日通って膣錠を入れないといけないなんてことはありません。

 

仕事に通院してから出勤するのも2回くらいだったら、まだ言いやすいですからね。

 

さすがに毎日通院してから出勤するとなると、「一体どんな病気にかかっているんだ!?」と、すごく目立ってしまいますので。

 

やっぱり会社に迷惑もかかりますし、言いにくいですよね。

 

カンジダは会社への遅刻やお休みをするのがネックになって、通院したくないっていう人も多いですから。

 

でも、たった数回の通院で済むので、症状がすごく辛い人や、早く治してしまいたい人は、出来るだけ病院で治してしまったほうが良いと思います。

 

また、妊活中の男性の場合も、ピンポン感染にならないように、基本的には病院でしっかり治療することをおススメします。

 

どうやってカンジダが完治したと判断するのか

 

ぺニスのカンジダを治療するのであれば、まずは市販薬を購入しておくことをおススメします。

 

勿論、病院へ行って薬をもらってくるのも良いですが、仕事で病院へあんまり行く暇がないっていう人は、市販薬でも大丈夫です。

 

自然治癒を目指す場合でも、やっぱり市販薬をペニスに塗っていた方が、カンジダが悪化しないので安心です。

 

特に妊活中の人は、病院でしっかりカンジダを完治させた方が◎。

 

カンジダって、自分で治療するのは簡単です。

 

でも、いつカンジダが完治したと判断するのかが、一番難しいのです!

 

素人判断では、見た目や自分の感覚でしか、治ったかどうかの判断が出来ないため、正確に完治したかどうかを知ることが出来ないのです。

 

結果的に、病院でしっかりと検査をしてもらい、カンジダの完治を調べる以外に、正確な方法はありません。

 

妊活中は、コンドームを使わない性行為をしている人が多いので、治りかけのまま性行為をもってしまうと、カンジダを夫婦間でうつしあうことになってしまうので、やはり良くありません。

 

妊活中の場合は、やはり夫婦で揃って、病院で治療をすることが大事になってきます。

 

自分の知ろう判断でカンジダのピンポン感染にならないようにしましょう。


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット