ラミシールがカンジダに効く

 

カンジダ性亀頭包皮炎の治療薬として有名ないのは、ラミシールのような抗真菌薬です。

 

カンジダ性亀頭包皮炎ではなく、細菌性亀頭包皮炎であれば、抗真菌薬ではなく、抗生物質の方が有効になってきます。

 

そして、ドラッグストアではカンジダの市販薬が、すぐに購入できるとうメリットがありますが。

 

その一方で、周りにカンジダのことがバレてしまうという最大の弱点もあります。

 

カンジダの人は、基本的に、カンジダであることを知られたくない人が多いと思います。

 

別にカンジダって、性病っていうわけではないですが、性病と勘違いしている人も多いですからね。

 

「この人、セックスで性病もらったんだ」って、誤解されがちなんですよね。

 

女性の場合は、自然発症だって多いから、本当は違う可能性もありますし。

 

でも、カンジダのことをよく知らない人は、カンジダのことを性病で感染するイメージが強いので、どうしても良いイメージがありません。

 

だからこそ、余計にドラッグストアではカンジダの市販薬を購入したくないっていう気持ちがあるんですよね。

 

カンジダの市販薬がちゃんとあれば、安心だけど、手に入れるのが恥ずかしくて、市販薬をなかなか買えない人もいるのが難点ですね。

 

男性のカンジダは一般的に塗り薬で治療

 

男性の場合、カンジダになりやすいのはぺニスであり、一般的に塗り薬で治療することが多いです。

 

男性は性行為によって、ペニスにカンジダをうつされてしまうことが多いですが、最初は原因を特定するためにも、まずは病院で検査してもらい、薬をもらうのが一番です。

 

そして、カンジダ治療で病院で行く場合、大体は1回に5千円以内で収まることが多いです。

 

男性のカンジダ通院は、数回で終わってしまうので、毎日の通院などになるケースは稀です。

 

そのため、男性の場合は、仕事を毎日休んだり、遅れて出勤する必要はありません。

 

最初のカンジダの検査と再検査だけなので、女性よりも負担が少ないと思います。

 

そのため、女性と男性では、カンジダ通院の大変さが全く異なります。

 

女性のカンジダ通院なんかは、男性にとっては、当てはまらないので参考にはなりません。

 

カンジダはやはり性別によって、完治の大変さが異なりますので、同性の意見を参考にしたほうが間違いがありません。

 

男性が女性のカンジダの治療記事を見たところで、役には立ちません。

 

ただし、口腔カンジダなどは、治療方法が一緒なので、男女によって、治療の差がないので、参考に出来る場合もありますけどね。


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット