亀頭包皮炎が悪化してしまった場合の症状と対策とは

 

亀頭包皮炎は放置することで改善することもありますが、場合によっては悪化してひどい炎症に悩まされることもありますので早めに対処する方が賢明です。

 

子供の場合には細菌を原因とした亀頭包皮炎が多いのですが、

 

大人になってからは女性との性交渉や自慰行為によって傷が付いたペニスから細菌が感染したり、カンジダと呼ばれるカビの一種が付くことによって発症するものであるとされています

 

。主な症状はかゆみから始まりますが、悪化すると痛みやひどい炎症に変わっていきます。

 

この内、大人になってから感染するリスクが高まるカンジダによる亀頭包皮炎については非常に治りにくいことでも知られています。

 

根気強く対応して行くしか改善の方法が無いとも言われており、少しでも早めに専門の病院にかかって適切な治療を始める必要があると言えるでしょう。

 

ある程度悪化してしまうと市販薬での対応では不十分となることが多く、大切な部分であることからもなるべく早くに泌尿器科に相談すべきであると言えるでしょう。

 

対策として行われる治療は飲み薬によるものと塗り薬によるものに大別されます。

 

炎症を抑え、原因を根本から解決するための治療を行うことにより亀頭包皮炎を治療数rことが出来ます。

 

 

亀頭包皮炎に伴う発熱

亀頭包皮炎は男性器に出来た小さい傷に細菌やカビが侵入する事により炎症を起こす病気です。

 

亀頭包皮炎に感染する原因としては激しい性行為、性器の洗い過ぎ、湿気、過度な自慰行為、オーラルセックスなどさまざまです。

 

細菌やカビは通常人の皮膚や体内に存在していますが、さまざまな要因により異常繁殖することで発症します。

 

症状としては亀頭や皮が赤く腫れかゆみや痛みを伴い、白い垢のようなカスも亀頭部分に付着するようになります。

 

亀頭が湿っている場合は患部がジュクジュクになりますが、乾燥してくると乾いた皮膚のようなものがポロポロと出るようになります。

 

症状はさまざまで軽度の場合もあれば重症化する場合もあります。亀頭包皮炎は多くの場合清潔に保っていれば自己免疫力で自然に完治します。

 

しかし、症状が悪化すると潰瘍が出来たり発熱を伴う事もあるので早期に治療をする事が重要です。

 

多くの場合自然治癒しますが、症状がなかなか治まらない場合は泌尿器科や性病科に受診し適切な治療を行う必要があります。

 

細菌やウイルスの場合は抗生物質を塗布し治療を行いますが、カンジダというカビの一種に感染していた場合は抗真菌薬でしか治療することができません。

 

原因菌によって治療は異なるので専門医に判断してもらい治療を行いましょう。

 

 

息子が亀頭包皮炎になったら!?

 

亀頭包皮炎の薬を薬局で買う時、レジで店員さんにばれてしまうことや、選んでいる最中の他人の目が気になって、落ち着かない!

 

薬局で亀頭包皮炎の薬を買うよりも、ネットの方がやっぱり安心できます。

 

そして、子供のうちは、亀頭包皮炎になっても、母親にばれるのが怖くて、極限まで我慢してしまう子もいます。

 

小さい頃は、ママっ子でも、男の子は、いつかはお母さんと距離を置くようになってしまう人も多いですね。

 

そんな時、父親との関係がしっかりしている子の場合は、亀頭包皮炎になった時に、お父さんに言えるのでまだマシですが。

 

母親にも、父親にも亀頭包皮炎のことを言えないような状況になってしまうと、本当に悪化してからじゃないと、言わなくなってしまうことがあります。

 

亀頭包皮炎なんかは、早めに治療していれば、それほど怖い病気ではありません。

 

ところが、亀頭包皮炎から、尿道炎に進行してしまった場合、血尿が出たり、もっと深刻な状態になってしまいます。

 

それだけに、尿道炎で血尿などの症状が出てくる前に、しっかり亀頭包皮炎を完治させてしまったほうが安心ですね。

 

母親に亀頭包皮炎のことを言いにくい状態だったら、やはり父親に相談したりするべきですね。


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット