亀頭包皮炎は皮膚の状況によって受診科も変わる

 

亀頭包皮炎で痒みの症状が厳しい場合、一時的な痒み止めとしては市販のデリケートゾーン用の痒み止めを使用するのも一つの手段だと思います。

 

亀頭包皮炎用の薬では、痒みの症状に即効性があるわけではないので、痒みについては、症状をすぐに改善できないことが多いです。

 

そのため、痒みに即効性がある薬と、亀頭包皮炎を治療する薬というのは、別物になってしまいます。

 

特に皮膚があんまりただれている場合は、婦人科や泌尿器科では、対応できないこともあります。

 

あんまりにも皮膚の症状が悪い時には、よく皮膚科を紹介されることもあります。

 

通常は、婦人科や泌尿器科の受診で問題がありませんが、やっぱりカンジダによる皮膚のただれというのは、婦人科や泌尿器科だけでは、どうにもできない部分があるようです。

 

ただ、カンジダではそこまでひどい荒れが出てくる人は少ないと思います。

 

やっぱり細菌性亀頭包皮炎や細菌性膣炎の人方が、皮膚の荒れが気になっている人が多いんじゃないのかなって思いました。

 

細菌性亀頭包皮炎も細菌性膣炎も、ウイルスが原因なので、汚い手などで患部をいじったりするのは気を付けましょう。
あまり弄る癖があると、雑菌が入りやすくなるので危険です。

 

カンジダのような常在菌の異常繁殖は身体に害が出る

 

カンジダ性亀頭包皮炎は症状が軽ければ、病院へ行かなくても、自然治癒することが良くあります。

 

念のため、自然治癒でカンジダ性亀頭包皮炎を悪化させたくない人は、市販薬の軟膏とかを用意しておくと、より安心です。

 

また、カンジダは女性も男性もなることが多い常在菌の異常繁殖ですが、女性だけが気を付けないといけない常在菌の異常繁殖というものもあります。

 

それは、タンポンの利用者に多いトキシックショック症候群です。

 

トキシックショック症候群の原因は、カンジダと同じ常在菌の一種である黄色ブドウ球菌です。

 

黄色ブドウ球菌は、体内にもともとある菌なので、少し体内にあるくらいでは、全く悪さをしません。

 

しかし、不衛生な環境などが長く続き、黄色ブドウ球菌の数だけが異常繁殖してしまうと、トキシックショック症候群になってしまうのです。

 

黄色ブドウ球菌は、カンジダよりも、敗血症を引き起こす可能性が高いので、敗血症のリスクも付きまといます。

 

ある意味、黄色ブドウ球菌の異常繁殖の方が、黄色ブドウ球菌の異常繁殖よりも怖い物があります。

 

それだけに、女性の場合は、やっぱりトキシックショック症候群にならないように、タンポンの長時間使用には注意をしましょう。


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット