亀頭包皮炎には3つの原因がある!

 

亀頭包皮炎には、大きく分けて3つの原因があり、それぞれの症状が異なります。
亀頭包皮炎の3つの原因は、『カンジダ』『ウイルス』『クラジミアなどのその他の原因』があります。

 

例えば、カンジダ性亀頭包皮炎の代表的な症状は痒みや白いカスですが。
ウイルスを原因とする細菌性亀頭包皮炎の場合は、ただれや痛みの症状が強いです。

 

カンジダと細菌性亀頭包皮炎では、症状がちょっと違うので、時間が経つと、わかりやすいと思います。
でも、カンジダって症状が出るまでに潜伏期間があるので、どうしても早く見つけることが難しいのがネックですね。

 

本当は初期に発見できれば、それほど治療も苦労しないのですが。
気付かないうちにどんどんと症状が進行してしまうことが一番怖いかなって思います。

 

特に細菌性亀頭包皮炎とか細菌性膣炎の場合は、不妊にも影響したり、妊娠中は早産や流産の原因にまでなるので、早く対処しないといけません。

 

カンジダか細菌性かによって、深刻さが違ってきます。

 

細菌性膣炎や細菌性亀頭包皮炎の場合は、早めに病院へ行き、治療してもらう方が良いです。

 

将来子供が出来なくて、悩むようになってしまうくらいだったら、病院で早い段階で治療した方が得策です。

 

ピンサロはカンジダとクラジミアの巣窟

 

カンジダ性亀頭包皮炎になると、痒みや白いカスがでてくる症状が有名です。

 

しかしこれが、細菌性亀頭包皮炎となると、痒みやカスではなく、皮膚のただれや痛みなどの症状が強くなります。

 

そして、よく男性の中には、カンジダって、挿入をしなければ感染しないと思っている人がいるようですが。

 

実際には、オーラルセックスでも感染します。
カンジダは口の中にも沢山存在しますので、口腔カンジダの女性にオーラルセックスをしてもらえば、当然感染する可能性があります。

 

口腔カンジダを患っている女性は、ピンサロが主に多いと言われていますね。

 

ピンサロの場合は、カンジダだけではなく、クラジミアなども感染が多いと言われていますので、安さの代わりに大きなリスクが存在します。

 

やはりピンサロでの性病の感染が多いのは、不衛生な環境で、店内も薄暗くお互いに病気持ちかどうかをチェックすることもしにくい環境だからというのが大きいのかもしれません。

 

これがデリヘルなどの場合は、シャワーを浴びた時に、お互いの体をチェックして、病気持ちかどうかを確かめるチャンスがありますが。

 

ピンサロの場合は、回転の効率を重視して、次から次へと女の子が入れ替わるのも感染が広がりやすい原因かもしれません。


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット