男性のカンジダと感染

男性のカンジダと感染について

 

カンジダ症は女性が感染する病気だと思われがちですが、まれに男性も感染する事があります。

 

男性よりも女性に多い理由として性器の構造が挙げられます。

 

カンジダ菌は真菌というカビの一種なので湿気の多い環境を好み繁殖します。

 

女性の性器は湿気が溜まりやすくカンジダ菌が繁殖しやすい環境となっています。

 

さらに通気性の悪い下着やきついガードル、ジーパンを着用する事によってさらに発症のリスクが高まります。

 

これに対して男性の性器は体の外に露出しているため通気性が良いため細菌が繁殖しにくい環境と言えます。

 

さらにカンジダ菌が付着してもすぐにお風呂やシャワーで洗い流す事が出来るので発症する事があまりなく、発症しても自覚症状もあまりありません。

 

感染した場合は亀頭部分や包皮部分に付着しカンジダ性亀頭包皮炎を発症します。

 

症状としては性器の先端にかゆみがあらわれ、さらに性器全体が赤くなります。

 

そして、白い垢っぽいカスが出るようになり、乾燥するとカスがポロポロとはがれ落ちるようになります。

 

治療方法は抗真菌剤が配合された軟膏を塗布を数週間続けます。

 

最近は真菌といカビの一種なので抗生物質等は効果がありません。

 

必ず抗真菌剤が配合されたものを治療に使用します。

 

 

男性カンジダと女性カンジダ

カンジダ症とはカビの1種で男女共に症状が現れるのが特徴の疾患です。

 

風邪や過度なストレス・疲労や寝不足などで体内の免疫力が低下している時にかかりやすいのが特徴です。

 

これ以外にも他の疾患の治療の過程で抗生物資を服用した際にも、このような症状が出やすいことが分かっています。

 

カンジダは体内に元々存在する真菌が原因で引き起こされる病気です。

 

下半身の疾患ということで勘違いされやすい病気でもありますが性感染症とは原因も感染経路も異なります。

 

女性の主な症状は膣や外陰部の強いかゆみや、おりものの量の増加などがあります。

 

この時に出るおりものはヨーグルトやカッテージチーズなどのように、通常時とは異なる傾向にあります。

 

また膣や外陰部に腫れが生じたり、性交時に痛みを伴うことも多々あるようです。

 

一方で男性の場合は「カンジダ性亀頭包茎炎」という疾患を発症するのが大きな特徴です。

 

主な症状は性器にかゆみを帯びたり、恥垢や白いカスのような物が出るなどがあります。

 

また亀頭部に斑点が現れたり、性器に痛みを伴うなどの症状もあると言います。

 

このような異変を感じたら早めに専門の医療機関を受診することが最善の策です。

 

カンジダは適切な治療を行えば必ず完治する疾患です。

 

女性なら婦人科系のクリニックを男性ならば泌尿器科を受診するのが一般的のようです。

 

 

カンジダの早期発見はおりものチェックから!

 

下着にカッテージチーズ状のおりものがついたことってありますか?最初は、「なんだこれ?」と不思議に思っていました。

 

しかし、それが長く続くようになり、陰部に痒みが出てくるようであれば、カンジダを疑ったほうが良いです。

 

カンジダは痒みがすごくて、掻きたくなってしまいますが、場所が場所だけに堂々と人前で掻くわけにはいきません。

 

でも、カンジダって、なかなか治らないし、再発も多い困った病気です。

 

特に女性は、カンジダを発症しやすい時が、ストレスを感じていたり、体調を崩して免疫力がなくなっている時です。

 

現代人はストレスを抱えて要る人が多いので、カンジダはなりやすい病気です。

 

ちょっと不規則な生活が続いたり、疲労が貯まって睡眠不足になったりすると、それだけで女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうと、免疫力も低下して、カンジダ菌の異常繁殖を引き起こすことになってしまいます。

 

おりものは女性だったら、個人差がありますが、やはり量が明らかに多くなった時などは、カンジダを疑ってみましょう。

 

膣の中で雑菌が繁殖したりすると、ニオイも強くなって気になるようになりますのでわかりやすいです。

 

疲れている時などは、早く休むようにしましょう。

 


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット