男性カンジダは洗うだけで良い?

男性カンジダは洗うだけで良い?

 

男性はカンジダになる事はありますが、発症する男性はとても少ないと言われています。

 

これは男性の性器が体の外に露出しているため、通気性が良くカンジダが繁殖しにくい環境であるためです。

 

カンジダ症を発症している女性と性行為をして細菌が性器に付着しても性器を洗うだけで細菌を落とす事が可能です。

 

そのため、男性はカンジダ症を発症する確率はとても低くなっています。しかし、包茎や極端に不潔な場合は細菌が異常繁殖して症状があらわれる事があります。

 

症状が現れたら洗うだけでは自然治癒する事はないため専門の医療機関へ受診して治療する必要があります。

 

男性の場合治療方法は抗真菌剤が含まれた軟膏やクリームを患部に塗ることで治療する事ができます。

 

カンジダ菌は真菌というカビの一種なので抗真菌剤しか効果は現われません。抗生物質は効果が出ない上に逆に細菌の繁殖を手明日消してしまう事があるので使用してはいけません。

 

抗真菌剤が含まれた軟膏を塗ることで数日で症状は治まります。

 

しかし、細菌が皮膚の奥にまでもぐりこんでいるため治療は数週間続ける必要があります。

 

症状が治まったからといって薬を塗るのをやめると再発する可能性があるため注意が必要です。

 

 

男性カンジダと包茎の関係性

男性がカンジダに感染する事は稀ですが、場合によっては発症する事があります。

 

発症しやすい人には包茎である事が挙げられます。包茎の場合性器が不潔になりやすく細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

カンジダ菌は健康な人に存在している菌ですが大量に繁殖する事によって症状があらわれてしまいます。

 

そのため、不潔な状態になりやすい人はカンジダに感染しやすいので注意が必要となります。

 

また、治療を行いせっかく完治しても、細菌が増殖しやすい環境であるため何度も再発を繰り返してしまうこともあります。

 

また、治療を行ってもいつまでたっても治らなかったり症状が改善されない場合はカンジダとは異なる病気の可能性もあるので病院へ行って検査をする事が必要となります。

 

治療方法は、抗真菌剤の配合された軟膏を患部に塗って行います。

 

症状があり、患部を洗いたいとは思いますが洗いすぎると逆に症状が悪化する事があるので過度な洗浄はしてはいけません。

 

 

カンジダは普通は自然治癒する事が多く症状が悪化する事は少ないですが、

 

包茎の場合は症状が悪化しやすく自然治癒することも難しいので症状があらわれた場合はすぐに専門の医療機関へ受診する事が必要となります。

 

 

亀頭包皮炎中のマスターベーションは禁止

 

亀頭包皮炎中の患部の洗い方は、薬用石鹸かお湯洗いをしましょう。

 

薬用石鹸はシンプルな成分で出来ているので亀頭包皮炎の時には、化粧石鹸を使うよりも安心です。

 

そして、亀頭包皮炎になった場合、マスターベーションは極力控えることが望ましいです。

 

やはり亀頭包皮炎になってしまった場合、マスターベーションをすると、悪化する可能性がありますので大変危険です。

 

特に患部を触った手で他の部分をベタベタと触れば、他の部位へ菌が感染してしまう可能性もあります。

 

やはり亀頭包皮炎ヲ早く治したいのであれば、出来るだけ早く亀頭包皮炎を完治させてから、マスターベーションを再開させる必要があります。

 

亀頭包皮炎になっている時には、刺激を与えないで、塗り薬や飲み薬で治すのが一番です。

 

マスターベーションは、どうしても皮膚に刺激を与えてしまいますので、症状の悪化の危険性があります。

 

男性の場合は、完治するまで、マスターベーションを控えが方が、やっぱり完治しやすいです。

 

せっかく薬を飲んだり、塗っても、マスターベーションのせいで、なかなか治らない可能性もあります。

 

完治が長引いている場合は、マスターベーションが原因の可能性も出てきますからね。


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット