軽度でも油断しないで!亀頭包皮炎

 

軽度の亀頭包皮炎を経験したことがあると言う人は実は少なくありません。

 

本来亀頭の部分には垢が出ることはないのですが、亀頭包皮炎になると白い垢の様なものが生じるのですぐに分かります。

 

この様な状態は軽度の内に適切な手を打てば問題が大きくならずに済むのですが、放置してしまうと非常に解決困難な状態になることが少なくありません。

 

場所が場所だけに始めて症状が出た場合には近所のドラッグストアで効果がありそうな軟膏などを探す人が少なくありませんが、市販薬の中には有効に作用する薬はありません。

 

そのため症状が進行してしまうケースも少なくないのです。多少恥ずかしいという気持ちになると考えられますが、少しでも早くに泌尿器科を受診して専門の医師の判断をもらうべきでしょう。

 

状況に応じて抗生物質などの飲み薬や、炎症を抑えるための塗り薬などが処方されます。

 

この様な対処をすることで始めて症状が快方に向かうケースが非常に多いため、少しでも早くに病院受診をすべきであると言えるでしょう。

 

亀頭包皮炎は軽度の内はかゆみが出たり垢が出るように感じる程度ですが、重症になってくると出血や膿が出るケースもあります。

 

非常に危険な状況になりかねませんので注意が必要です。

 

 

亀頭包皮炎を改善するには

亀頭包皮炎を改善するためには、洗い過ぎないようにします。

 

亀頭包皮炎は、性行為により感染することもありますが、真菌による病気のため、性行為の有無に関係なく発症することがあります。

 

性器を綺麗に洗っても症状がよくなることはなく、反対に症状が悪化してしまう事があります。亀頭包皮炎の症状が出ている間は、皮膚にカンジダ菌が根付いてしまっている状態です。

 

そのため、性器を洗うことにより、普段はバランスの取れているカビ菌と細菌のうち細菌だけが石鹸で殺菌され、綺麗に流されることで、バランスが崩れてカビであるカンジダ菌が広がっていき、症状悪化へとつながっていきます。

 

そのため、必要以上に洗う行為は避け、石鹸を真菌に効果のある薬用ソープで洗うようにします。

 

軟膏を使う場合には、カンジダ菌に効果のある軟膏を付ける必要があります。

 

病院を受診すれば、抗真菌薬を処方してもらうことができますが、病院に行くのが恥ずかしく、適当な軟膏を使っていると余計にカビと細菌のバランスを崩してしまい更に悪化してしまうことがあります。

 

炎症を繰り返さないようにするためには、過度に洗い過ぎないことに気をつけつつ、身体を清潔に保つことが大切です。

 

 

赤ちゃんの亀頭包皮炎に気を付けよう!

 

亀頭包皮炎は近所の薬局やネットショップで処方箋なしで購入することができます。

 

そのため病院へ行かなくても、亀頭包皮炎の薬は購入できます。

 

亀頭包皮炎を薬局で買う場合、人目が気になるので、店内でゆっくり選べないのが辛い所ですよね。

 

そして、男児の赤ちゃんのお母さんは、亀頭包皮炎には気を付けないといけません。

 

オムツの蒸れによって、亀頭包皮炎はなりやすいです。

 

でも、あまり女性には馴染みがない症状なので、女性の場合は、なかなか気付けないケースもあります。

 

亀頭包皮炎は、本格的な症状が出るまでに、少し時間がかかります。

 

潜伏期間があるので、亀頭包皮炎になったからと言って、すぐに目でわかる症状が出るとは限りません。

 

後になってから、男性器の部分が赤くなったり、痛がったりするようになるので、わかりますが。

 

やはり亀頭包皮炎を初期のうちに発見するっていうのは、なかなか難しい事だと思います。

 

それだけに、男児の赤ちゃんがいる人は、注意深く観察してあげることも大事になってきますね。

 

また、男児の赤ちゃんの亀頭包皮炎は、カンジダ性のものと細菌性のものがありますので、ちゃんと病院で原因を調べてもらったほうが確実なのでおススメです。

 


亀頭包皮炎は自宅で治ります。
>>亀頭包皮炎完治セット