カンジダ症の男性の発生箇所

カンジダ症の男性の発生箇所

 

カンジダは女性特有の病気だと思っている人は、少なくはありません。

 

ですがこの病気は、男性に現れる場合もあります。

 

女性のカンジダ膣炎と比べると、男性の発症率は低いです。

 

男性が発症した場合に症状が現れる発生箇所というのは、亀頭や包皮のあたりになります。

 

これを亀頭包皮炎と言い、ペニスの中央から尿道の入り口にかけて、炎症が起こります。

 

女性と比べて感染率が低い理由の一つは、性器が体の外に露出しているため通気性が良いというところです。

 

毎日清潔にして入浴の際にきちんと洗っていれば、ほとんどの人は感染することはありません。とても稀なケースの場合は、尿道の部分にカンジダが感染して、尿道炎を引き起こしてしまうこともあります。

 

カンジダで亀頭包皮炎を発症する人というのは、包茎の人が多くみられます。包茎の人というのは、亀頭や包皮の辺りが常に湿った状態が多いため、治りにくくて再度発症してしまうという人が多いです。

 

これを何度も繰り返していると、ペニス自体の皮膚がだんだんと弱ってしまいます。

 

するとさらに治りにくい状態にまで悪化してしまい、普通のカンジダ治療では治らなくなることもあります。

 

重度の包茎の場合は、入浴の際にペニスを洗うのが難しいため、発症してしまうことがとくに多いと言えます。

 

 

カンジダ症の女性の発生箇所

女性がカンジダ症を発症した場合、発生箇所は膣と外陰部に同時に症状があらわれる事が多く。

 

外陰膣カンジダ症と言われています。主な症状としては外陰部や膣のかゆみ、ヨーグルト状のおりものの増加、性器の炎症、性交痛、排尿障害等が挙げられます。

 

発症の原因としては性交渉も挙げられますが、多くの場合風邪や疲労、ストレス等で免疫力が低下したり、ステロイド剤、抗生物質や妊娠などで引き起こされます。

 

これは体内に存在しているカンジダ菌が免疫力の低下やホルモンバランスの崩れによって異常繁殖することで症状があらわれます。

 

治療には1~2週間ほどかかりますが、病院での薬の投薬と同時に免疫力を高める生活をこころがけ、通気性の良い下着の着用などカンジダ菌の生息しにくい環境を作る事が大切です。

 

女性の発生箇所はもう一つあり、口の中にも感染することもあります。

 

口の中で感染した場合はカンジダ性口内炎等を起こす事もありこちらも免疫の低下によって引き起こされます。

 

治療法としては抗真菌剤を含むうがい薬でうがいをし、軟膏を付けるという処置が必要となります。

 

口内に痛みが出る事もあるので、食事や水分が上手く摂取できなくなることもあるので中が必要です。

 

 

カンジダ症の口腔への感染

 

カンジダ症は性感染症だと思われがちですが、口腔内への感染もする事があります。

 

カンジダ菌は性器の他に口腔内や皮膚にも存在しており、異常繁殖する事によって発症します。

 

免疫力が低下している他にお年寄りや乳児がかかりやすい病気ですが、口腔ケアが不十分な人も発症する事があります。

 

症状としては白いコケが生える偽膜性が多く、放置すると肺炎になる事もあります。さらに飲食のさいにヒリヒリとした痛みが特徴の萎縮性もあり、苦みや違和感等も症状として挙げられます。

 

発症部位は頬や口唇、舌等の粘膜に生じますが稀に歯肉にも発症することもあります。

 

治療方法としてはビタミン剤や乳酸菌調整剤の投薬と外用の抗真菌薬を使用敷いて行います。

 

発症の原因となっている抗菌薬などがあれば使用の停止も必要です。

 

新生児や乳幼児が発症した場合多くは自然治癒しますが、長期化した場合は治療する事が必要となります。

 

発症した場合は治療する事が大事ですが一番は発症しないように予防する事が大切です。

 

高齢の方の場合は義歯の素材にはカンジダ菌が付着しやすいものが使われているので専用の洗剤を使用する事が必要となります。

 

また、殺菌のし過ぎは逆効果となるので洗口液での殺菌は適度に行う事が大切です。