性器カンジダの薬

性器カンジダの薬について

 

性器カンジダ症は、カンジダと言う真菌(カビの仲間)が性器に感染して起きる感染症です。

 

男性器は体外の露出していて通気性が良いので、真菌が増殖しにくくあまり起きませんが、女性にはよく起きます。

 

 

カンジダは真菌のうちの酵母の仲間で、もともと性器周辺やその近くの体表面に常在菌として存在しており、健康な人は免疫により極端な増殖をしませんが、体調の悪化などにより、免疫力が落ちると感染症の症状が出てきます。

 

 

原因として考えられるのは、まず体調不良や過労やストレスです。

 

それから月経前(黄体期)や妊娠中やピル服用により、ホルモンバランスが崩れて、膣の自浄能力が低下した場合です。

 

それと抗生物質の服用にとか通気性の悪い下着による陰部の群れとかパートナーからの性行為による感染です。

 

 

カンジダの治療薬としては膣剤の挿入(1日1回のものと1回で1週間持つものがあります)とか抗真菌薬軟膏を塗る事とか、膣洗浄とかビタミン剤の内服(ビタミン欠乏症による免疫力低下が原因の場合もあります)があります。

 

 

この病気に使われる内服抗真菌剤は、真菌の細胞膜の生合性を阻止するフルクナゾールジフルカンや植物性細胞膜の主成分エルゴステロールの生合成を抑えるクロトリマゾールと言う外用の抗真菌薬を使う事です。

 

さらに、ビタミン剤を内服する事も効果があります。

 

 

性器カンジダの検査について

カンジダ菌が原因で発症する性器カンジダは女性に多く発症が見られる性感染症です。

 

男性も感染することはありますが症状が男性の場合は症状が出ることが少ない病気で、女性の主な症状としては外陰部や膣のかゆみ、おりものがヨーグルト状で量が増える、排尿痛や性交痛などがあげられます。

 

女性の場合は膣や外陰部に同時に症状が出ることも多いです。

 

男性の場合は亀頭のかゆみや、小さな水泡ができることがあります。

 

検査は性病科、泌尿器科、婦人科、皮膚科などで受けることができます。

 

女性の場合は膣内の内診、鏡検、培養などで診断されます。性器カンジダであった場合の一般的な治療法としては膣洗浄や膣剤の投与、外用剤によって治療が行われます。

 

再発を繰り返す場合などには内服剤が処方されることもありますが、自覚症状などがある場合には早期治療を行うことが大切です。

 

男性の場合には視診、培養などで診断され、治療は外用薬で行われるのが一般的です。

 

また性器カンジダの感染が気になるが病院に行くのには抵抗があると言った場合や病院に行く時間が取れない場合などは自宅で検査を行うこともできます。

 

自宅でできる性病検査キットは通販などでも販売されているので、不安に思うときには自分で確かめてみることもできます。

 

包茎の男性は症状が出やすいカンジダ

 

女性に多いといわれるカンジダ症ですが、実は男性はほとんど症状が出ることはありません。

 

カンジダ症はカビの一種であるカンジダ菌が原因となって起こる性病であり、性交渉によって感染することもありますが性行為を行わなくても症状が出ることもあります。

 

なぜなら、カンジダ菌はもともと体内にいる常在菌の一種で、普段はおとなしくているのですが体の免疫力が低下したり善玉菌が減ったりと条件が揃うとたちまち悪さをします。

 

女性の場合、きつめの下着やナプキン、おりものシートなどの常用でこまめに交換しないと蒸れてカンジダ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまい症状が出てしまうことがあり、外陰部のかゆみやおりものが変化したりします。

 

妊娠中もなりやすく、特に出産時までに治しておかないとおなかの赤ちゃんにも感染させてしまうことがあるので早めに治療するのが良いでしょう。

 

男性にはあまり症状が出ないのが通常ですが、包茎の男性の場合は女性と同じく亀頭が川にかぶっている状態が繁殖しやすい湿気を作ってしまうため症状が出やすいとされていて、やはりかゆみを生じたり白いカスが出ることがあります。

 

治療すれば治る病気なのであまり心配はいらないのですが、包茎がそのままだったり性器や下着を清潔にしていないと、また再発することも考えられますので注意が必要です。