カンジダの感染経路

カンジダの感染経路

 

カンジダは性感染症として広く知られており、感染経路は性交渉により発症すると思われがちですが、性交渉での感染する確率はとても低いといえます。

 

これは、カンジダ菌が常に体に存在する菌なので、性行為によって付着しても異常繁殖する事はなく発症する事が少ないためです。

 

しかし、性交渉によって付着した菌をそのまま放置したり極端に不潔な状態にしてしまうと病気を発症してしまうので注意が必要です。

 

性交渉よりも感染することの多い原因として免疫系統が上手に機能しなくなる事が挙げられます。

 

カンジダ菌は体内で他の細菌とバランスよく存在していますが、免疫系統が上手に機能しなくなる事によってカンジダ菌が異常繁殖を起こし症状があらわれるようになります。

 

免疫系統が機能しなくなる原因としては免疫力・体力の低下、抗生物質・ステロイド剤・ピルの使用、疲労やストレス等が挙げられます。また、性器を極端に洗浄することで発症することもあります。

 

これは皮膚にいる細菌や雑菌を石鹸で殺菌してしまう事によってカンジダ菌の勢力を抑える細菌がいなくなる事によって異常増殖を招いてしまいます。

 

感染経路は性交渉よりもこのような原因で発症してしまうため、日常生活から予防をする事が大切です。

 

カンジダの男性症状

カンジダは体内に存在するカビであるカンジダ真菌が原因となって発症する病気です。

 

男女ともに、性器に症状が起こりセックスなどで接触した男女間で感染することもあります。

 

カンジダにかかった場合の男性の症状としては、性器にかゆみが起こる、恥垢や白っぽいかすが出る、斑点ができる、性器に痛みを感じる、性器の表面が乾燥すると言ったことがあげられます。

 

原因としてはセックス以外でも感染することがありますが、体内のカンジダ真菌が何らかの原因によって以上に繁殖してしまうことで症状が起こります。

 

例えばストレスや疲労などによる免疫力の低下や抗生物質を服用した際に体内の常在菌を減少させてしまったことで起こることもあります。

 

また湿度が高い環境や不衛生な環境である場合にも繁殖しやすくなります。そのため下着の中が群れやすくなる夏などにも発症しやすい病気です。

 

気になる場合は皮膚科などを受診するのがおすすめです。男性の場合は問診と尿検査と言った簡単な検査で調べることができます。

 

問診や尿検査の結果カンジダと診断されると、塗り薬が処方されます。

 

一度かかってしまうと、治っても再発しやすい病気で、再発を予防するためにはセックスの後はもちろんのことですが、

 

日頃から性器やその周辺は清潔な状態を保つようにして栄養バランスの良い食事や十分な睡眠をとって免疫力が低下しないようにすることが大切です。

 

夫がカンジダかも…病院に行ってもらう方法

 

夫がペニスのかゆみや痛みを訴えてきたことはありませんか?

 

カンジダ菌に感染するのは女性だけではありません。

 

男性でも感染し、発症する場合があります。主に免疫力低下時に発症しやすいため、風邪をひいたり、夏バテや睡眠不足などの場合でも発症することがあります。

 

 

夫がカンジダ菌にかかってしまったら、なるべく早く病院で治療してもらいたいですよね。

 

ですが、性器の治療で病院には行くのはなかなか恥ずかしいものです。夫にも症状が出ている以上、自覚はしていても病院には行きにくいはずです。

 

 

また、症状が出て悩みを相談したくても周りになかなか相談しにくいものでもあります。

 

それに、何科で診察を受ければいいかもわからないかもしれません。

 

人に聞いたりするのが難しい場合には、インターネットで情報検索するといいでしょう。

 

インターネットでは、なかなか面と向かって相談できない内容でも情報が載っていたり、同じような悩みを持つ方が相談し、アドバイスをもらっているサイトや掲示板などもあります。

 

そのようなサイトから情報を得ることで自分の悩みを解決できる方法を模索するといいでしょう。

 

また、似たような悩みを持つ方の情報を読むことで、治療に行きやすくなるかもしれません。