カンジダ性亀頭包皮炎の特徴

カンジダ性亀頭包皮炎の特徴

 

男性器の亀頭部分や包皮部分にカンジダ菌が感染するとカンジダ性亀頭包皮炎を発症する事があります。

 

女性に比べて男性はカンジダ菌に感染する事は少ないですが、感染する可能性は十分あります。

 

また、尿道に感染して尿道炎を発症する事も稀にあります。カンジダ性亀頭包皮炎の症状の特徴としては、感染した部位にかゆみが現れ、性器全体が赤くなります。

 

さらに白いカスや垢のようなカスが性器に付着するようになります。

 

湿った状態では白い垢のように亀頭や包皮に付着していますが、乾燥してくると白いカスがぽろぽろとはがれ落ち、薄皮がはがれるようにみえることもあります。

 

症状が悪化すると炎症で赤くなり、炎症を起こした部分は皮膚が弱くなっているため、皮膚が裂けやすく傷ができやすい状態になります。

 

原因として多く挙げられるのは免疫力や体力の低下、不潔な状態、性器の洗い過ぎ、包茎、抗生物質・ステロイド剤の使用、そして性行為等が挙げられます。

 

カンジダ菌は常に体に存在している常在菌ですが、上記の原因によって異常繁殖することによって引き起こされます。

 

男性は菌が付着しても洗い流す事ができ、感染しても自覚症状が出ない事も多いですが、症状が現れた時はすぐに医療機関へ受診する事が必要となります。

 

 

性病の一種類のカンジダ症

カンジダ症は性器部に発症する事が多いため性病の一種だと広く認識されています。

 

しかし、カンジダは人の体内に常に存在している酵母カビの一種であり、免疫力が落ちている時やホルモンバランスが崩れた時等にも発症する可能性のある病気です。

 

性器カンジダは性器の構造上男性よりも女性に発症しやすい病気です。

 

女性が発症した場合は膣カンジダと呼ばれ外陰部と膣にかゆみが生じます。

 

症状が悪化するとかゆみが我慢できないほどつらい状態に陥ることもあります。

 

さらにおりものも増えヨーグルト状のおりものが付着するようになります。

 

炎症が悪化すると痛みを生じ、排尿障害等があらわれる場合もあります。

 

男性は細菌を保有しても症状が出ない事が多いですが、亀頭や包皮に菌が付着し繁殖するとカンジダ性亀頭包皮炎を発症する事があります。

 

発症すると性器のかゆみや赤みなどがあらわれ、白い垢のようなカスがあらわれるようになります。

 

性行為をして感染する事もありますが、体力や免疫力が低下していなければめったに感染する事はない病気です。

 

しかし、感染している時に性行為をすると相手へ移してしまう可能性がある上、治療が長引いてしまう事もあるのできちんと完治するまで治療を行う事が必要です。

 

 

他の人にカンジダを移してしまったら

 

カンジダは性感染症によって他の人にも感染しますが、もともと酵母カビの一種であり、体内に常在している菌になります。

 

そのため、免疫力が落ちている時や抗生物質の使用により体のバランスが崩れると菌が繁殖して症状が出やすくなります。

 

カンジダ症に感染した場合大量のおりものや強いかゆみ、炎症の症状が出てくるため症状が重い場合は治療が必要になります。

 

 カンジダ症は性行為によって他の人に移す事があります。しかし、女性から男性に移す可能性はごくまれです。

 

これは男性の性器が体の外にあり、通気性がとても良いためカンジダ症になりにくいという点が挙げられます。

 

男性が感染した場合は亀頭部分に炎症がおこり白いカス等が出症状があらわれます。もし、性行為によって他の人にカンジダ症を映してしまった場合、二人一緒に医療機関へ受診して同時に治療する事が必要です。

 

どちらか一人だけが治療してもまた性行為をすれば再発する可能性が大きく完治させることができません。

 

そのため、どちらか一人だけでなく二人同時に治療する必要があります。

 

そして、二人とも完治するまでは性行為はしてはいけません。

 

治療中に性行為をすると完治させるまでに時間がかかったり、いつまでたっても治らない可能性があります。