カンジダ性包皮炎と性行為

カンジダ性包皮炎と性行為について

 

男性はカンジダに感染する事はあまりありませんが、感染するとカンジダ性包皮炎になる事があります。

 

カンジダ性包皮炎は男性の性器の亀頭部分や包皮に感染する事によって発症します。発症の原因として性行為が挙げられます。

 

カンジダ症を発症している女性と関係を持った時に性器に細菌が付着し発症します。

 

通常はお風呂やシャワーなどで洗い流されるため発症する確率は低いですが、細菌が付着したまま放置したり極端に不潔な状態にしておくことで細菌が異常繁殖し症状があらわれるようになります。

 

しかし、性行為によって感染するという事は少なく多くの場合何らかの理由によって免疫機能が乱れる事によって生じます。

 

カンジダ菌は健康な人にも必ず存在していますが、他の細菌とバランスをとりあっているため人体に影響が出る事はありません。

 

しかし、免疫機能が崩れると異常繁殖を起こして症状があらわれるようになります。

 

免疫機能の乱れの原因として体力や免疫力の低下、抗生物質やステロイド剤の使用、疲労やストレスが溜まる事によって発症します。

 

性行為の場合はコンドームを着用することで感染を防ぐ事ができますが、免疫機能の乱れは生活習慣を見直すことで発症を抑える事ができます。

 

カンジダ性包皮炎とカビについて

カンジダ性包皮炎の原因となる菌は真菌というカビの一種となります。

 

男性の性器の亀頭部分や包皮部分にカンジダ菌が付着し繁殖する事によってカンジダ性亀頭包皮炎になります。

 

症状としては性器の先端にかゆみや赤みが出るようになり、白い垢のようなカスが付着するようになります。

 

カンジダ菌は健康な人にも常に存在している細菌ですが、体の他の細菌や雑菌とバランスをとっているため体に影響を与える事はありません。

 

しかし、何らかの影響で体のバランスが崩れると異常繁殖をして症状があらわれるようになります。

 

カビの一種なので普通の石鹸では効果がなく、むしろ洗いすぎると症状が悪化してしまいます。

 

この理由として、カンジダ菌の勢力を抑えている細菌が石鹸により殺菌されてしまうため異常繁殖を起こす原因となってしまいます。

 

治療方法としてはカビの一種なので抗真菌剤が含まれた軟膏を患部に塗る事によって症状を治していきます。

 

軟膏を塗ってから数日のうちに症状は治まりますが、完治させるには数週間治療を行う事が必要です。

 

細菌は皮膚の奥まで根を張っているため、症状が治まったからといって薬の塗布をやめてしまうと再び症状があらわれるようになります。

 

 

カンジダ男性と性感染症について

 

カンジダとは、膣などの体内にあるカビが原因となって起こってしまう病気です。

 

男女共に性器に症状が出て、性行為など男女の間で感染することもありますが、性感染症とは異なります。

 

カンジダを発症した男性の症状としては、性器にかゆみや痛みがある、恥垢や白いカスが出てしまう、斑点が出たり性器表面が乾燥してしまうなどの症状が出てきてしまいます。

 

原因は、どこかからうつることもありますが、多くの場合が体内のカンジタ菌が増殖することによって症状が現れてしまいます。

 

ストレスや疲労などが溜まることで免疫力が低下している、抗生物質を服用することによって常在菌が殺されてしまうためカンジダ菌が増殖してしまう、性行為後にシャワーなどを浴びずに不潔にしているなどが考えられます。

 

男性の場合うつされたときは性行為後に菌を洗い流せば感染することは少ないとされています。

 

カンジダを放っておくと悪化してしまうだけではなく、ほかの病気を発症してしまう可能性があるため症状が出たら男性は泌尿器科を受診することが大切です。

 

予防するためには、ヨーグルトなどを食べて免疫力を高めたり、餌となってしまう糖質や炭水化物は摂り過ぎないように注意し、清潔に保つことが予防に繋がります。