カンジダ性亀頭包皮炎 洗いすぎ

カンジダ性亀頭包皮炎は洗いすぎてはいけない

 

カンジダ菌は女性に感染しやすい菌ですが、稀に男性にも感染する事もあります。

 

男性が感染した場合亀頭や包皮に細菌が付着、増加しカンジダ性亀頭包皮炎を発症します。

 

男性が発症する原因として性行為の他に抗生物質やステロイド剤を使用、免疫力の低下、不潔な状態、性器の洗いすぎ、包茎などが挙げられます。

 

カンジダ菌は真菌というカビの一種ですが、人の体には常に存在しています。細菌やカビ菌は人の体内でバランスよく存在しているため、体に影響を与える事はありません。

 

しかし、抗生物質やステロイド剤の使用、抵抗力の低下などにより細菌のバランスが崩れるとカンジダ菌の増殖につながり不調をきたす原因となってしまいます。

 

性器の洗いすぎも細菌のバランスを崩す原因となてしまいます。細菌を殺菌するにはきれいに洗浄するのが効果的だと思われがちですが、逆効果となってしまいます。

 

カビ菌は皮膚の奥深くに根付いているので、性器を石鹸で洗いすぎてしまうとカビ菌と勢力を二分している細菌や雑菌だけが殺菌されてしまい、カビ菌であるカンジダ菌が増殖する原因となってしまいます。

 

そのため、性器の洗浄は過剰になりすぎず、軽く洗い流す程度で十分となります。

 

 

カンジダを治すための対策

カンジダを引き起こすカンジダ菌は、口の中や皮膚、膣の中などにいます。

 

何らかの理由によりこの菌が異常繁殖することでかゆみや赤みがあらわれます。

 

軽度のかゆみや赤みであれば、身体の免疫力が高まることで自然治癒することもありますが、強い痛みやかゆみ、おりものの異常などの症状が現れた場合には、抗真菌剤の軟膏やクリームを患部に塗ったり、女性の場合は膣錠などを使用します。

 

治療薬を正しく使用していても症状が良くならない場合には、日常生活での対策が必要となります。

 

カンジダは、免疫力の低下によっても異常繁殖し症状があらわれます。

 

栄養バランスの偏った食生活が続いたり、十分な休息が得られず疲労やストレスが溜まった状態が続いていると身体の免疫力が低下し、治りにくくなります。

 

性器を必要以上に洗い過ぎると菌のバランスが乱れてしまい繁殖しやすくなります。また、通気性の悪い下着の着用なども菌が繁殖しやすい環境となるため、綿100%などの通気性の良い下着を選ぶようにします。

 

患部のかゆみや痛みが治まると薬の使用をやめる人がいますが、カンジダは再発を繰り返すことのある病気のため、途中で症状が軽減しても1週間はしっかりと治療する必要があります。

 

 

カンジダの薬用ソープについて

 

カンジダ菌に感染した場合、普通の石鹸で患部を洗いすぎるのは逆効果となります。

 

これは、普通の石鹸で洗いすぎるとカンジダ菌以外の細菌を殺菌してしまい異常繁殖の原因となってしまうためです。

 

カンジダ菌は真菌と言ってカビの一種なので、普通の石鹸では死滅する事はありません。

 

さらに、普通のせっけんでは死滅しないカンジダ菌の勢力を抑える細菌・雑菌がいなくなるので異常増殖してしまいます。

 

普通の石鹸で患部を洗浄するのは逆効果となりますが、専用の薬用ソープで洗浄するとカンジダ菌も殺菌する事ができます。

 

薬用ソープには真菌治療に使用されている抗真菌剤が配合されているので、皮膚に付着しているカビ菌を殺菌する事ができます。

 

病院に行く時間が無い人や症状がそれほどひどくないという方には薬用ソープで患部を洗浄すると症状を抑えるのに効果がります。

 

さらに、病院で自分の性器を医者に見せるのが抵抗のある人は自宅で手に入れられる薬と薬用石鹸を併用する事によって治療する事ができることもあります。

 

しかし、一番手っ取り早く治療できるのは専門の医療機関なので、症状が悪化した場合やかゆみなどがひどい場合は男性は泌尿器科、女性は婦人科へ受診する事が必要です。