男性にも存在するカンジダ

男性にも存在するカンジダ

 

カンジダは本来、女性の膣に存在し、影響を及ぼす菌と言われています。

 

しかし、実は男性にも影響があると知っていますか?

 

カンジダ性亀頭包皮炎という病気があります。

 

繁殖したカンジダ菌により、ペニスが痛みやかゆみを感じるようになります。

 

鬼頭に斑点が見られたり、白いカスが溜まったりします。

 

カンジダになってしまう原因は、性行為によって移ると言われています。

 

しかし、性行為をしなくてもかかる場合もあります。

 

陰部はデリケートなために、痒くなってもあまり搔かないでください。

 

悪化する恐れがあります。

 

では実際にかかってしまった場合、どうすればよいのでしょうか。

 

患部の場所だけに、なかなか病院には行けないかもしれません。

 

たとえ薬をもらっても、また再発することもあります。

 

病院に行く前に、自分でできる対処法があります。

 

まずは、石鹸で陰部を優しく洗いましょう。

 

しかし、洗いすぎてはいけません。

 

湿った環境は菌を繁殖させるので、しっかり陰部が乾いてから衣類を身につけましょう。

 

カンジダ菌は女性なら誰もが持っているものです。

 

しかし、男性も性行為による影響が十分考えられますので、普段から陰部を清潔に保つすることを忘れずにいましょう。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎の症状と原因

カンジダ症は女性がかかりやすい病気ですが、男性でも症状が出ることがあります。

 

男性の場合、亀頭や包皮に感染して起こりますが、女性に比べて男性の性器は露出していて通気性が良いので感染して症状が出るのは極めてまれと言えます。

 

ただ、包茎の人は皮が亀頭にかぶっているために湿気がこもりやすくなることが原因でカンジダ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうので注意が必要です。

 

症状として、白いカスが出ることがあり、湿っている状態ではカスが赤のように包皮や亀頭にこびりついていますが、乾くとぽろぽろと剥がれ落ちていきますが、女性と同じくかゆみが強く出ることもあります。

 

治療は、女性は膣内に膣錠を入れますが、男性は亀頭に塗るための抗真菌剤入りの軟膏が処方されるのが一般的です。

 

塗り始めて1~2週間ほどするとカスやかゆみなども落ち着いていきますが、カンジダ菌は奥の方にも入り込んでいるため。

 

そこでやめてしまうとまた再発する恐れがありますので、最低1ヶ月は軟膏を塗るようにするのが望ましいでしょう。

 

体質や個人差によって軟膏を塗っていてもなかなか治らない場合には、再度病院で別の薬を処方してもらうのが良いかもしれません。

 

また、カンジダ菌に感染している場合は、相手にも感染させてしまうことが考えられるので性行為は控えましょう。

 

 

カンジダを治すコツとは

 

カンジダ症を治すには専門機関の受診は欠かせません。

 

男性は泌尿器科か性病科、女性は婦人科か性病科に受診し治療する事が必要となります。

 

男性の治療方法としては患部に抗真菌剤入りの軟膏やクリームを塗り治療を行います。

 

女性は膣洗浄を行い、外陰部には塗り薬を膣内には膣錠を入れて治療し症状が重い場合は連日病院へ行き膣洗浄をする必要があります。

 

しかし、この治療だけではなかなか症状が改善しなかったり、完治までに時間がかかってしまう事があります。

 

これは体の免疫力や体力が低下しているためなかなか治療の効果が得られないためです。

 

カンジダ菌は性感染症だと思われがちですが、ホルモンバランスの乱れや風邪・疲労・ストレス等の免疫力の低下によっても発症します。

 

性感染よりも自家感染の方が発症しやすいため健康管理をしっかりする事によって発症を予防する事ができます。

 

治療も同様でカンジダ症を治すコツとしては薬での治療と並行して生活習慣を整え免疫力を高めていくことが必要となります。

 

また、カンジダ菌は湿気を好む細菌なので通気性の悪い下着やきついガードル、ジーパンなどの着用を避け、細菌の繁殖しにくい環境を作る事が治療の近道となります。