カンジダ性亀頭包皮炎が治らない

カンジダ性亀頭包皮炎が治らない

 

カンジダ性亀頭包皮炎は亀頭部分や包皮にカンジダ菌が感染し増殖する事によって引き起こされます。

 

通常男性の場合性器が外部に露出しているため通気性が良く細菌が増殖する事はあまりなく、付着したとしてもお風呂やシャワーなどで洗い流してしまうのでカンジダ性亀頭包皮炎になる事はあまりありません。

 

治療を行っても抗真菌剤入りの軟膏を塗り患部を清潔に保っていれば治りやすい病気と言えます。

 

しかし、治療を行ってもなかなか治らない場合もあります。

 

多くの場合、専門の医療機関へ受診するのに抵抗があり自分で調べて市販薬を購入して使用している場合です。

 

自分で判断して治療を行うのではなく、カンジダ性亀頭包皮炎と疑われるような症状があらわれた時は専門の医療機関へ受診する事が必要です。

 

また、この他にも性器を石鹸で過剰に洗浄してしまう事も治らない原因として挙げられます。

 

洗浄し過ぎてしまうと皮膚表面を保護している細菌や雑菌を全て洗い流してしまう事になります。

 

その結果カンジダ菌の勢力を抑えている常在菌の働きが低下してしまい症状が悪化したりなかなか治らない原因となってしまいます。

 

治療は正しく行い、過剰な洗浄をしない事が早く病気を治すコツと言えます。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎について

男性の亀頭や包皮にカンジダが感染する事によってカンジダ性亀頭包皮炎になる事があります。

 

カンジダ性亀頭皮膚炎の特徴としてペニスに白いカスや垢のようなカスが出るようになります。

 

湿った状態の時は白い垢のように亀頭や包皮に付着します。

 

乾いてくると白いカスとなりポロポロとはがれ落ちてカサカサとした薄皮がはがれるように見えます。

 

この他にも症状として感染した部分が赤く炎症を起こし、悪化するとペニス全体が赤くなり、皮膚が裂けやすくなります。感染した部分はかゆみが出ます。

 

通常、男性はカンジダに感染する事は少ないと言われています。これは男性の性器は体の外に露出しているため通気性が良いためです。

 

カンジダ菌はカビの一種であるため湿気を好みますが通気性の良い男性の性器には繁殖しにくいためです。

 

しかし、包茎や極端に不潔な場合は細菌が繁殖しやすくなっているため、症状が出る事があります。

 

きわめて稀な例ですが尿道に感染して尿道炎を発症する場合も報告されています。

 

治療方法としては患部に抗真菌薬の軟膏を塗ります。

 

薬を塗ると1~2週間ほどで症状は落ち着きますが、奥の方の細菌は死滅していないので症状が無くても治療は続ける必要があります。

 

 

おむつで亀頭包皮炎に!

 

亀頭包皮炎の薬を薬局で買うとなると、対面販売になってしまうのがネックですよね。

 

薬局の方が亀頭包皮炎の薬をすぐにもらえるけど、レジの人に亀頭包皮炎の薬を買っている所を見られるのが苦痛で仕方ありません。

 

そして、子供の亀頭包皮炎が悪化する原因の一つが、『親に言いにくい』という問題です。

 

 

赤ちゃんの頃だったら、お母さんに何でも話すことが出来ても、ある程度大きくなってくると、子供だって言いにくいことが出てきます。

 

特に男の子の場合は、マスターベーションによって亀頭包皮炎を発症することもあり、なかなか罪悪感から亀頭包皮炎なんじゃないかと、相談しにくいこともあります。

 

特に思春期の頃っていうのは、やっぱり女性の母親には言いにくい話が多いです。

 

思春期の時には、異性の親っていうのは、すごく難しく感じる時がありますね。

 

それまでは、お母さん子だった人も、一定の距離を置いたり、人間関係が変わってきます。

 

それだけに、亀頭包皮炎のことを相談できる人が周りにいないと、子供は亀頭包皮炎のことを黙ってしまいます。

 

黙ってしまわれたら、もうおむつ交換や一緒にお風呂に入っているわけでもないですし、母親にとっては息子の異変を感じることはできません。