赤ちゃん、乳児の口腔カンジダ症とは

 

赤ちゃんの口の中にミルクのカスのような口内炎のようなものがついている場合、口腔カンジダ症の可能性があります。

 

カンジダ症って、性行為で感染するものじゃないのかと不安に思われる人もいるかもしれませんが、原因菌であるカンジダ菌はカビなどの真菌の一種で、人間の口腔内や性器周辺、皮膚などに常在している菌です。

 

誰でも保菌していて、主に哺乳瓶や乳房、おもちゃからなど感染することが考えられますが、出産時にお母さんがカンジダ症にかかっていると生まれたばかりの赤ちゃんにも感染することが考えられます。

 

特に免疫力の弱い乳幼児や高齢者、妊婦などがかかりやすいといわれていますが、自然治癒することもあるので軽度の場合ならそのままにしておいても症状が落ち着くことがあります。

 

しかし、カンジダ症にかかっているとすれば心配になるお母さんも多いことでしょう。

 

その場合には抗真菌剤の塗り薬を綿棒などで塗布したり、あるいは抗真菌剤入りのシロップが処方されることもあります。

 

 

あまり神経質になることはありませんが、おもちゃや赤ちゃんがなめやすい手足などを清潔に保ち、

 

哺乳瓶はしっかりと消毒、授乳する際もお母さんの乳房を消毒してからあげるようにするなどで防げることもありますので試してみてはいかがでしょうか。

 

 

性器カンジダ症はどんな病気?

性器カンジダ症という言葉を聞いたことがあっても、実際それがどんな病気であるか、かかったことがなければ知らない人も多いのではないでしょうか。

 

カンジダ症は、もちろん性行為によっても感染することがある性病の一つですが、性行為の経験の有無にかかわらず症状が出ることもある病気でもあります。

 

カンジダ症をおこすカンジダ菌は、女性の膣の中に常にいる常在菌であり、普段は悪さもせずにおとなしくしていますが、身体の疲労やストレスにより免疫力が低下したり、妊娠中の面英気力が普段よりも低下しているときになると活発になって悪さをする菌です。

 

カンジダ症になると、おりものがヨーグルトのような勝手字チーズのような形状になっていつもより増えたり、性器の外陰部が異常にかゆみを感じたりします。

 

男性の場合はほとんど症状が出ることがないのですが、包茎の男性は女性と同じくかゆみを生じることがあるようです。

 

治療には抗真菌剤を膣内に挿入して、かゆみには軟膏などを塗って治療していきますが、人によっては再発を繰り返しやすい病気でもあります。

 

きつめの下着やガードルなどを使用していたり、生理以外時のおりものシートなどの常用などでも起こりやすいので、こまめにかえたり通気性の良い素材の下着を着用するなどで防げることもあります。