赤ちゃん・乳児のカンジダ

 

赤ちゃんや乳児に多く見られるカンジダとして口腔カンジダ症が挙げられます。

 

この口腔カンジダ症は真菌であるカビが口の中で繁殖する事にって発症します。

 

症状としては白苔のような白い塊が口の中の粘膜に付着し、こすってもとれません。

 

主に口の内側にある頬の粘膜、歯肉、舌等に付着します。

 

症状は口の中に白苔が付着するだけの事が多いですが、場合によっては食欲が落ちたり、口の痛みが出る事もあります。

 

赤ちゃんの場合はこのような症状を口で説明する事が出来ないのでいつもより機嫌が悪かったり体調が悪いと感じた時は注意が必要です。

 

普通にしていれば感染する事はありませんが、原因としてお母さんの乳首が不潔だったり、不衛生なガーゼで口の中を拭いたりする事によって発症します。

 

 

しかし通常は常在菌と唾液や粘液などの環境でカンジダ菌は繁殖しにくい環境ですが、外傷や体力の低下、栄養状態が悪い、

 

ステロイド剤や免疫抑制剤の服用、消毒が不十分のおもちゃやおしゃぶり・k字人工乳首などが原因で発症することもあります。

 

 

あかちゃんの場合口腔カンジダ症になっても自然治癒する事が多いですが、細菌が食道等に広がらないように抗真菌薬で治療する事もあります。

 

 

カンジダの治療方法

カンジダ症を発症した場合、男性と女性とでは治療方法が少し異なります。

 

女性の場合は膣洗浄を行い、外陰部に塗り薬を塗りイミダゾール系統の抗真菌剤の膣錠を膣に入れます。

 

カンジダ菌が真菌というカビの一種なので抗生物質は効果がなく、抗真菌薬での治療となります。

 

カンジダの繁殖が活発な場合は連日通院して膣洗浄を行うこともあります。

 

男性の場合は患部に軟膏やクリームを塗ります。

 

そして数週間薬を塗り再検査で問題なければ終了となりますが、少数ですが再発を繰り返す場合があるので注意が必要です。

 

治療に時間がかかる場合は免疫力が落ちていたり、通気性の悪い下着やきついガードル、ジーンズ等を避けてカンジダが生息しにくい環境を作る事が大切です。

 

免疫を付ける方法としては健康的な生活を心がける他、ヨーグルトを食べると免疫力アップに期待ができます。

 

カンジダ症にならないようにするには免疫力の低下につながる要因を取り除く事が大切です。免疫力の低下につながる要因として糖尿病、肥満、免疫不全、不潔、多汗等が挙げられます。

 

肥満にならないように心がけ、常に清潔に保つ事が必要です。

 

また、ステロイド外用剤の乱用や抗生物質を使用する事によっても発症するリスクが高まるので注意が必要です。