MENU

赤ちゃん・乳児のカンジダ

 

赤ちゃんや乳児に多く見られるカンジダとして口腔カンジダ症が挙げられます。この口腔カンジダ症は真菌であるカビが口の中で繁殖する事にって発症します。症状としては白苔のような白い塊が口の中の粘膜に付着し、こすってもとれません。主に口の内側にある頬の粘膜、歯肉、舌等に付着します。症状は口の中に白苔が付着するだけの事が多いですが、場合によっては食欲が落ちたり、口の痛みが出る事もあります。赤ちゃんの場合はこのような症状を口で説明する事が出来ないのでいつもより機嫌が悪かったり体調が悪いと感じた時は注意が必要です。普通にしていれば感染する事はありませんが、原因としてお母さんの乳首が不潔だったり、不衛生なガーゼで口の中を拭いたりする事によって発症します。しかし通常は常在菌と唾液や粘液などの環境でカンジダ菌は繁殖しにくい環境ですが、外傷や体力の低下、栄養状態が悪い、ステロイド剤や免疫抑制剤の服用、消毒が不十分のおもちゃやおしゃぶり・k字人工乳首などが原因で発症することもあります。あかちゃんの場合口腔カンジダ症になっても自然治癒する事が多いですが、細菌が食道等に広がらないように抗真菌薬で治療する事もあります。