MENU

カンジダ性口内炎について

 

カンジダ性口内炎は口内で真菌というカビの一種が異常繁殖する事によって引き起こされます。カンジダ菌は通常口内に存在していますが、他の細菌とバランスをとりあって口内環境を保っていますが、さまざまな原因によって異常に繁殖すると得症状があらわれるようになります。原因としては疲れやストレス、抵抗力が落ちている時に発症する可能性がありますが、多くの場合他の病気を患っている場合に発症する事が多い病気です。原因となる疾患としては糖尿病や血液の疾患、悪性腫瘍、エイズなどが挙げられこの他にも乳児や幼児、老人など抵抗力が弱い人等もなりやすいと言われています。健康な人でも妊娠すると抵抗力が下がるため発症する可能性があります。症状としては白い苔のようなものが頬の内側や舌、口蓋などに付着するようになります。稀に食事際に痛みを伴い、白い苔がはがれると出血したり赤く炎症を起こす事もあります。発症した場合の治療方法として抗真菌剤を用います。抗真菌剤が配合されているうがい薬でうがいをしたり、軟膏を付ける治療が必要となります。他の疾患が原因で発症している場合は、その疾患の早期治療を行います。治療と並行して日常生活を見直して抵抗力を上げる事も必要となります。