男性カンジダの種類

男性カンジダの種類

 

男性は女性に比べてカンジダ菌に感染する事はありません。

 

しかし、健康な人でもカンジダ菌は常に皮膚に存在しているカビ菌の一種なのできっかけ次第で男性も発症する事があります。

 

男性が発症する病気の種類として性器カンジダと口腔カンジダが挙げられます。

 

性器も口腔も湿気がこもりやすい環境であるため、体調を崩したり抗生物質などの薬を使用する事によって発症する危険性があります。

 

中でも男性は亀頭や包皮に細菌が感染するカンジダ性亀頭包皮炎になりやすいと言えます。

 

亀頭部分に白っぽい垢のようなカスが付着したり、斑点があらわれ痛痒さがなどの症状が出た場合は亀頭包皮炎を発症している可能性があります。

 

男性は性器に細菌が付着しても通気性が良い状態なのでよほど不衛生な状態や傷を負っていない限り発症する可能性は低いと言えます。

 

しかし、包茎や極端に不潔な状態のまま放置していたりすると亀頭包皮炎になる可能性は大いにあり得ます。

 

口腔内に感染した場合は白いコケが生える偽膜性の症状があらわれ舌炎や舌痛などの症状があらわれます。

 

亀頭包皮炎の場合も口腔に感染した場合も治療には抗真菌剤を使用して細菌を殺菌していきます。

 

一度感染すると再発の可能性があるため注意が必要です。

 

カンジダ男性から女性に感染る可能性

カンジダ症が男性から女性に感染る可能性はゼロではありませんが、可能性はとても低いと言えます。

 

カンジダ菌は人の体の中に常に存在している菌ですが、通常人の体に影響があるほど増殖はしません。

 

そのため性行為をして細菌が体に付着しても清潔にさえしていれば発症する事はまずありえません。

 

しかし、体の調子があまり良くない人や免疫力が低下している人がカンジダ症の男性と性行為をした場合発症する可能性は十分あるため、注意が必要となります。

 

さらに、女性の性器は構造上男性よりもカンジダを発症しやすくなっています。

 

女性の性器は体の内部にあるため、湿気がこもりやすく菌が増殖しやすくなってしまいます。

 

それに比べ男性の性器は体の外に位置している為、感染してもお風呂やシャワーで洗い流す事ができますが、包茎喉によって性器が不潔な状態になっている事が多いと感染しやすくなるので注意が必要です。

 

カンジダ症を発症している可能性のある男性と性行為をする場合は必ずコンドームの着用が必要です。

 

コンドームは感染しないようにするための最大の予防策となります。

 

感染してしまった場合はおりものの異常や患部のかゆみがあらわれるので、疑われる症状が出た場合は病院へ行くことが必要です。

 

 

カンジダは個人差がある

 

カンジダは再発しやすい病気のため、体質的によってなりやすい人がいます。

 

全くカンジダにならない人もいれば、何度もぶり返す人がいるので、かなり個人差があります。

 

よく女性がカンジダになりやすいのは、免疫力が低下している妊娠中です。

 

妊娠中はカンジダになる女性が多く、出産前に完治を目指します。

 

カンジダは産道を通る赤ちゃんにも感染してしまうので、デキるだけ出産前に完治させるのが基本です。

 

カンジダがひどい場合は、自然分娩を予定していた人でも、帝王切開手術になるので要注意です!

 

帝王切開になってしまうと、出産費用がかなりかかってしまいます!

 

出産費用があんまり余裕がない人が、カンジダで帝王に切開になってしまうと後で慌ててしまいますので、要注意をしましょう。

 

カンジダが妊娠初期であれば、時間があるので完治できますが、再発もしやすいので、一度治っても気を付けましょう。

 

出産直前で患ってしまった場合は、カンジダに効果がある抗生物質を点滴しながらの出産になるケースも。

 

赤ちゃんの健康を考えるのであれば、カンジダはバカに出来ない病気なので、妊婦はデキるだけ早く治しましょう!

 

妊娠中は、疲れがたまった時には、早めに就寝して疲れを取るようにしましょう。