排尿通を伴う亀頭包皮炎の症状

 

亀頭包皮炎にかかると排尿時に痛みを感じることもあります。

 

排尿が痛いからと言ってやめることはできませんのでかなりつらい症状になります。

 

亀頭包皮炎の痛みを取る方法は薬によって治療することで、飲み薬や塗り薬によって完治できるのです。

 

取り合えず抗生物質を飲むことにより痛みはかなり軽減しますので今までのように尿の時に痛むことは少なくなります。

 

そのまま放置していても尿のたびに痛いのを我慢しなければいけませんので早めに病院に通うようにしてください。

 

そうすれば完治しますしスムーズな生活ができます。

 

そもそも痛みを感じるのは亀頭部分が炎症を起こして腫れあがってしまうからなのです。

 

また膿が出てしまうこともります。その時に尿という刺激があると痛みを感じてしまうのです。

 

基本的に真性包茎の子供がなりやすい症状ですが大人でもなる事があるので気を付けてください。

 

包皮に入り込んだ雑菌が原因でなる疾患なので陰茎を常に清潔に保つようにしましょう。

 

これはそのまま放置していますと完治するどころか悪化してしまう可能性もあります。

 

また亀頭包皮炎ではなく他の病気であるかのせいもあるので亀頭に痛みを感じたときにはすぐ病院でみてもらうようにしてください。

 

 

手術が必要な亀頭包皮炎の特徴

亀頭包皮炎は男性器によく起こる症状の一種であり、亀頭に菌やカビなどが入り込んで引き起こされる病気です。

 

発症すると亀頭部分や包皮の部分が炎症を起こし、斑点が出たり、ただれたり、アトピーのような症状が現れます。

 

また、かゆみや痛みといった症状もありますが、症状として自覚する段階では、かなり症状が進んだ後の場合であることが多いといわれています。

 

この亀頭包皮炎は、治療をすることによって完治することは十分可能な病気ではありますが、再発することが多いという特徴があります。

 

亀頭包皮炎の場合、他の人から感染しなくても病気になることがありますがから、再発予防も難しかったりします。

 

そこで、再発を防ぐ方法として包茎手術を受ける人もいます。

 

包茎手術をすることによって、亀頭部分が常に外部にさらされることになり、カスなどが溜まりにくくなりますから、より清潔な状態を保つことができるようになります。

 

結果として、菌やカビなどが発生しにくくなり、亀頭包皮炎の発症を抑えることができるようになります。

 

もしも、何度も再発をして、通院を繰り返しているような人であり、包茎の人である場合は、包茎手術を検討してみてもよいのではないかと考えられます。

 

 

 

亀頭包皮炎で赤ちゃんがギャン泣きすることも!

 

亀頭包皮炎の時には薬用石鹸を使うことをおススメします。

 

亀頭包皮炎では刺激を与えないことが大事なので、美容成分配合の石鹸やボディーソープよりも薬用石鹸の方が向いています。

 

そして、赤ちゃんの場合、亀頭包皮炎になっても、口で「辛いよ」って言えないから、その分泣いてサインを出すことがあります。

 

だから、赤ちゃんが亀頭包皮炎になると、ギャン泣きで知らすことがあります。

 

ただ、赤ちゃんのギャン泣きほど辛い物はない!

 

私もこれまで経験したことがありますが、授乳しても、おむつ交換しても、抱っこしても、ギャン泣きされると、正直どうしていいのかわからなくなってしまうのです。

 

昼間はまだ良いですが、夜にギャン泣きされた時には、こっちの方が泣きたくなります!

 

旦那さんは赤ちゃんがギャン泣きしても、全然起きなかったり。

 

「早く寝かしつけろ」と言うだけの人もいますからね。

 

やっぱり赤ちゃんがなんでそんなにギャン泣きしているのか、初産の人にとっては、なかなかわからないこともあります。

 

そのわからない原因を、ギャン泣きの赤ちゃんを抱えて過ごすことが、産後うつになってしまったり。

 

お母さんを追い詰めてしまうことになったりもしますからね。